ここから本文です

日焼け止めとタモリ式。 タモリ式の〈石鹸なので体を洗わずに湯船に10分以...

ccr********さん

2011/7/1514:35:13

日焼け止めとタモリ式。


タモリ式の〈石鹸なので体を洗わずに湯船に10分以上入り垢を落とす〉
というのをしてます。

乾燥肌に悩まされてたのが嘘のようになくなりました。
最近は日焼け止めを毎日塗るようになりました。
石鹸で落とせると書いてあるのですが、一応クレンジングで落として湯船に浸かるのですが・・・

シャワーでクレンジング剤を洗い流して入りますが、湯船に浸かることでクレンジング剤が落ちてるのか心配です。

手作りのスクラブやパックはた~まにします。

洗顔料・石鹸・ボディーソープなどは使ってません。

ちゃんと落ちてるのか心配です。
皆様はどう思いますか?
アドバイスなどもありましたら、よろしくお願いします。

補足最近はエキストラーバージンオイルで落としてます。
この場合も良くないでしょうか?

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
1,273
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sui********さん

編集あり2011/7/1723:43:11

合成クレンジング剤は構造上「洗顔料・石鹸・ボディーソープ」よりも更に肌に残りがち・・・というのはありますから不安にもなりますよね。
また、合成クレンジング剤は「洗顔料・石鹸・ボディーソープ」よりも更に肌内部からセラミド等を流出させて乾燥肌・インナードライ肌にする特性があります。
アンチ乾燥でタモリ式されてるのに、石鹸で落ちる日焼け止めをわざわざ合成クレンジング剤を使って落としてるなら本末転倒です。
タモリ式の重要ポイントは、擦らないことよりも洗浄剤(合成かどうかにかかわらず界面活性剤全般)で肌内外の潤い物質を流出させないことに最大の意味があります。
だから潤い肌・若肌の面では、擦らないが洗浄料を使っちゃう泡弾力洗いとも差が出ます。
クレンジング剤と石鹸なら、肌内部からのセラミド流出作用に雲泥の差があります。
石鹸は洗浄力はそこそこあるんですが、皮膚侵入してセラミドを流さない(流出しにくい)のがメリットなので、
タモリ式なさってるなら石鹸で落とせるUVをクレンジング使うなんて大損だと思います。
わざわざ使ったクレンジング剤が何気に落ちてないっぽいと感じるなら、なおさら損かも。
落ち具合が不安なら濃い目の石鹸でしっかり落とす方が、合成クレンジング剤ベターだと思います。

補足
合成クレンジングじゃなくてオイルなんですね。それなら乾燥の原因にはなりませんが、オイルで日焼け止めを浮かせることは出来ても、その日焼け止めの混ざった多量オイルはシャワーや湯舟だけで完璧に流し落とすのは無理ですから残ったままです。油膜感も残ってますからオイルもろとも日焼け止めが余計に密着してるのを実感なさっているはず。
クレ不要UVを石鹸すら使いたくないならオイルは無しでタオルでUV剤を念入りに拭き洗いした方がまだ落ちますよ。
また、その日焼け止めのレシピも確認してみて下さい。

質問した人からのコメント

2011/7/21 21:43:34

成功 石鹸で優しく洗うことにしました(。´Д⊂)

ありがとうございました^^

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる