ここから本文です

台風が来たとき 西側より東側がなぜ危険なんですか? 東側のほうが強いとは...

mrm********さん

2011/7/1812:02:00

台風が来たとき

西側より東側がなぜ危険なんですか?

東側のほうが強いとは聞きますが

具体的に説明してください!

閲覧数:
8,043
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mam********さん

2011/7/1815:33:05

陸上では地形の影響が大きいのでどちらが危険とは決められません
こちらでは一般に危険だとされる右側に入ったときはほとんど風は吹きません
逆に左側に入ったときは風が強いです

海上では台風の進行方向の前方に向かって風が吹いています
船が風に圧されて台風の前に流され台風に巻き込まれます
左側は台風の後ろの方向に風が吹くので台風から逃げることが出来ます

東側が危険とされるのは台風の東側には太平洋高気圧があります
太平洋高気圧から台風に向かって風が吹き込むので風の強い範囲が広いのです
東側が西側に比べて風が強いわけではありません
危険な範囲が広いのです
たとえば
中心付近の最大風速50メートルの範囲が西側では1キロメートルでも
東側では3キロメートルもあるといった具合です

質問した人からのコメント

2011/7/18 15:53:51

丁寧なご説明ありがとうございます!
風が強いのは西側で
危険な範囲が広いのが東側ということですね

「台風 東側」の検索結果

検索結果をもっと見る

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる