ここから本文です

包括管理業務委託について質問します。公共機関(清掃工場など)を民間会社に包括...

syo********さん

2011/7/2309:23:16

包括管理業務委託について質問します。公共機関(清掃工場など)を民間会社に包括管理業務委託している機関があります。その委託している業務を委託している公共機関の職員と民間会社の社員とが一緒に同じ業務を行っ

ていますが問題はないのでしょうか?同じ工場にて混在して作業をしています。よろしくお願いします。

補足それに業務計画や命令を受託業者の社員がミーティングで指揮をとり公共機関の職員に指示しています。

閲覧数:
2,453
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

san********さん

2011/7/2415:23:03

ご質問の委託された「包括管理業務」の正確な内容が分からない限り断言はできませんが、質問者さんが「問題では?」と考えられている実態に対して、回答を行います。

①委託している業務を委託している公共機関の職員と民間会社の社員とが一緒に同じ業務を行っている

確かに「委託契約」というからには、「委託された業務の完遂」には「自社雇用の社員」しか原則働かせることはできないと思われますので、「混在」している状態はまずいような気がします。
しかし、「公共機関の職員」と言われた方々が、「もともとその施設に勤務する職員」ということであれば、ご質問の「包括管理業務」の内容が「そうした施設職員への業務指示を含んだ、施設全体のマネジメント」とされており、問題とはならないと考えられる可能性もあります。
あと、「混在」が問題になるとすれば、その「公共機関の職員」のミスなどにより何らかの「損害」が発生したような場合です。
その「ミス」や「損害」に対する「責任所在」や「責任割合」、それらがない場合でも最低限「会社間の紛争解決手順」が定められていなければ、面倒な事態に陥る可能性が高いと思われます。

②業務計画や命令を受託業者の社員がミーティングで指揮をとり公共機関の職員に指示している

「業務委託」という契約形態は、法律に規定のあるものではありません。
法律上の区分で言うならば「請負契約」の一形態であると解釈できるようです。
「請負契約」が法律的に問題となる場合は、「実態が派遣であるのに、請負で契約締結している」いわゆる「偽装請負」が殆どですが、普通「実態が派遣」の実際例として多いのは「請負会社の社員が、客先の指揮命令下にある」といったケースです。
しかし、ご質問の「補足」の状態は、「請負会社が客先の社員に業務指示を出している」と、全く逆の状況にあります。
正直、どう捉えるのが正解なのか全く分からないのですが、とりあえず「偽装請負」に当てはまる状況ではなさそうに感じます。
もちろん、その「公共機関の職員」が「委託先の社員」に対して、指揮命令を行っている事実がある場合は「偽装請負」となります。

ご質問のケースが「そう」なのかは断言できませんが、行政関係からの「業務委託契約」は、施設建設など「建築・土木」での業務委託を除いた場合、かなりの事例は「実態としては派遣じゃないの?」と思わされる曖昧なものが多いと感じます。
が、特に「是正指導を受けた」という話も聞いたことがありませんので、何か私の知らない法解釈があるのか、それとも監査側も「同じ行政」には遠慮があるのか、判断に苦しむところです。

とりあえずですが、ご質問のケースは一応「業務委託契約で説明が可能」な部類に属するのではないでしょうか。
これ以上の意見については、契約内容を見る以外は手段がありません。
的外れな意見の可能性がありますので、あくまでご参考程度にお聞きいただければ幸いです。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる