ここから本文です

晦日という言葉について気になることがあったので教えてください。 調べてみたと...

paw********さん

2011/7/2323:29:21

晦日という言葉について気になることがあったので教えてください。
調べてみたところ、晦日は三十日の古い表現である「みそか」から、旧暦の毎月の最終日(29or30日)のことだとありました。

現在はグレゴリオ暦を使っているため、大晦日は12月31日となっています。
ということは現在では毎月の最終日である30日か31日を晦日と呼んで問題ないんでしょうか?

どうも晦日について調べても旧暦に関する記述しか見つかりませんでしたので、今ではどう使われているのか、もしくはもう使われていないのか気になってしまいました。
細かいことかもしれませんが、どなたか教えてください。よろしくお願いします。

閲覧数:
322
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

red********さん

2011/7/2323:55:41

そうですよ。
今でも「みそか‐ばらい(三十日払い/晦日払い)という言葉はあります。
その月の末日にまとめて支払いをすることです。

江戸時代から昭和の始めくらいにかけては、そういう風に掛けで物を売買するのが一般的でした。
「晦」が表外文字なので、普段は見かけない言葉でしょうね。

質問した人からのコメント

2011/7/24 12:34:09

降参 では普通に月末を晦日として使っても問題ないんですねb
分かりました、ありがとうございます!
回答してくださった他のお二方もありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yam********さん

2011/7/2403:32:04

月の終わりのことで、一年の終わりの日が大晦日。

新暦(太陽暦)ならば30日、もしくは、31日。
旧暦(陰暦)ならば28日。

『おまけ』と言う意味の「みそっかす」は、大豆を絞った残り滓のことで、『晦日(みそか)』とは無関係。

cho********さん

2011/7/2323:48:53

商売の商取引では、二十日(はつか)〆晦日(みそか)〆
大晦日には、年内の残金はきっちり集金します。・・とか
普通に使ってます。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる