ここから本文です

会社を立ち上げる意味って?

sinさん

2011/7/2503:02:35

会社を立ち上げる意味って?

googleとかyahooとかも全部会社ですよね。日本では、ソニーとかパナソニックとか。

○○県の○○市だけで活動してる小さな小さな会社だってありますよね。


なんで会社なんですか?

その辺の八百屋と会社の違いがわかりません。

会社を立ち上げるメリットを教えてください。

補足ご説明ありがとうございます。とてもわかりやすかったです!
すぐにでもベストアンサーしたいところなのですが、もう一つだけ聞いてもいいですか?
メリット箇条書きしていただいた中に「税金対策」とありますが、これはどういう意味ですか?個人営業の方が税金高いんでしょうか??
重ねて質問して申し訳ありません><!

閲覧数:
430
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

myb********さん

編集あり2011/7/2521:49:29

始めやすさや事業運営の手軽さで言えば、個人事業の方が会社よりも有利だと言えます。
株式会社や合同会社などを設立するには、費用と時間もかかります。
個人事業は税務署に開業届けを提出するだけでスタートできます。
また決算なども会社の方が面倒で複雑(監査が必要)です。
会社法施行前(2006年5月以前)は、株式会社の設立には、資本金1,000万円以上、最低役員4名(取締役3名、監査役1名)以上必要など設立要件のハードルがかなり高かったですが、現在は、資本金1円、役員1名(取締役1名)で設立できるようになりました。

個人事業主から会社組織にするメリットして

■税金対策
■対外的な必要性(信用問題など)
■個人事業だと取引先に限界がある
■事業拡大を検討している
■社会保険(厚生年金や健康保険)に加入できる

などが挙げられています。

よかったら参考にしてください!


<補足に対して>

・家族の給料を経費として
法人は家族に給料を支払うことが届出をしなくても出来ます。例えば配偶者などの扶養家族に給料を支払う場合は、個人事業主では事業専従者としてあらかじめ税務署に届出をしておく必要があります。

・社宅家賃を計上
賃貸住宅に住んでいるならその家賃の何割かを社宅家賃の名目で会社が支払い、会社の経費に計上することができます。実質は給料がその分増えたのと同じになりますからオトクです。個人事業主では賃貸住宅の自宅を事務所にするときは使用している面積などに応じて必要経費にはできますが、法人は自宅兼事務所にしなくても「社宅」として経費になるのです。

・生命保険料を全額
生命保険を会社として加入すれば保険料の全額を会社の経費に計上できます。個人事業主では生命保険控除というものはありますが、支払った保険料の全額を必要経費にすることはできません。

・赤字の繰越
ある年度の業績が赤字の場合はその赤字を繰り越すことが出来ますが、この場合は個人事業主は3年だが法人は7年間まで繰り越せます。

・所得税、法人税
ある程度の収入があるのなら個人事業主よりも法人のほうが所得税や法人税などの税金がオトクになることがあります。
一般的に言われるのは売上が800万円以上だとか1,000万円以上だと法人にしたほうが税金はお得だということです。しかしこれは個人の状況によって一概には言えないません。

よかったら参考にして下さい!

質問した人からのコメント

2011/7/26 22:48:44

降参 詳しく教えていただきありがとうございました

Yahoo!知恵袋 特別企画

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる