ここから本文です

疲労を翌々日くらいに感じるのは・・体が鈍い?OR老化現象ですか? 30代半ば...

jkl********さん

2011/8/820:41:03

疲労を翌々日くらいに感じるのは・・体が鈍い?OR老化現象ですか?
30代半ば女性です。沢山歩いたり、運動したりしてもその日は疲れをあまり感じません。
かなり無理して動いても平気です。

20代のころは無理して動き回るとその日のうちに疲労を感じていたのですが
最近気づいたところ無理して動いても当日は疲労を感じないで
2日後くらいになって朝に疲労が全身をかためているのを感じたりします。

この前もウォーキングがてらつい3時間以上も歩きました。当日は
かなり無理が利くというか大丈夫なのです。帰宅しても疲れていないで
翌日も普通です。しかし2日後くらいになると全身が疲労でこわばっています。
そういうときはおとなしく休養をとります。その休養も2日くらいかかります。
これって、やはり老化現象なのでしょうか?疲労物質(乳酸)の処理がすぐに
出来ないで体のどこかに蓄積して足踏み状態が2日ほどあって
ようやく乳酸を分解するのが遅くてそこでやっと疲労を感じるのでは、と
自分で想像しているのですが間違っているでしょうか?

20代のころは、当日沢山動く→その日のうちに疲れ翌朝まで持ち越すこともあったが
間をおいた疲労はなかった
今は、当日沢山動く→その日は疲れない、翌日もあまり疲れを感じない→翌々日に
ドーンと疲労で動けなくなる・・・・
です。
やはり疲労を感じるのが遅い=新陳代謝が悪い=ようするに老化現象
なのでしょうか。もっと新陳代謝をよくするにはどうしたらいいですか?
この後だしじゃんけんのような疲労の感じ方がなんとも変でたまりません。
体力は無いわけではなく、4時間くらい歩いても平気なくらいですが
疲労の分解が遅いので困っています。

思い当たることといえば、足がすぐにむくみます。静脈の戻りが悪いタイプだと思います。
詳しい方ぜひ教えてください。よろしくお願いします。

閲覧数:
5,898
回答数:
1
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tgb********さん

2011/8/1223:15:14

乳酸が疲労物質だとされていたのは昔の話であり、
現在では特に関係ないとされています。
ましてや、運動終了後30分もすれば安静時の数値に戻るものであり、
翌日まで残るということはありません。

まぁ老化という方が説明としては適しているかもしれません。
昔と同じようなスピードで歩こうと思うと無理が生じます。
これは筋肉の出力が落ちてくるのが原因です。
そこで無理して運動を続ける結果、昔は使わなかった筋肉を使うことになります。
それにより翌日やその翌日に疲労が持続する、筋肉そのものが損傷するという状態になります。
これが数日続く疲労の原因でしょう。
対策としてはアミノ酸(タンパク質)を摂取して素早く筋肉を回復させるというのが良いでしょう。
インターネットなんかではクエン酸が効くという人もいますが、特に効果はありません。

あとは脳が疲労を感じることも大きな原因となりますので、
風呂に入ったりリラックスすることで脳の疲れを取る、そうした作業も大事です。

質問した人からのコメント

2011/8/14 23:05:43

脳のリラックスというのも大事なのですね。
回答ありがとうございました。非常に参考になりました。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる