黒田如水は徳川家康や前田利家などと比べると晩年の豊臣秀吉にとっては重要視されない武将だったのでしょうか?

黒田如水は徳川家康や前田利家などと比べると晩年の豊臣秀吉にとっては重要視されない武将だったのでしょうか? 如水よりすべての面で厚遇だったのかは分かりませんが、徳川家康や前田利家などは豊臣秀吉に地位と領地の上では如水より厚遇だったと思います。 また秀吉が亡くなる時も秀頼のことを託されています。

宿題5,478閲覧

ベストアンサー

0

日本史カテに投稿するともっと詳しい情報得られると思いますが。。。 黒田如水(官兵衛)は、織田信長が本能寺に倒れたとき、秀吉に【殿、天下を得る好機ですぞ】と進言しましたが、秀吉にしてみれば、主君が討たれたのに何という不謹慎な発言か、と怒り心頭だったようです。 また、黒田如水は天才軍師でもあったため、秀吉は自分も滅ぼされると恐怖心を抱いていたようです。 そういうことで、如水は秀吉に疎まれていたといわれてます。

その他の回答(2件)

0

こんな逸話があります。 ある日秀吉が三成に尋ねました。 「ワシの次に天下を取るものがいるとすれば誰だと思う?」 三成は当然家康や前田利家ら大大名の名を挙げましたが秀吉は首を横に振り 「ワシの次に天下を取るものは官兵衛よ」と言いました。 そして続けて言いました。 「あの者に大きな所領を与えるは虎に翼を付ける様なもの。瞬く間に天下を奪われてしまうわ」 それゆえ官兵衛はその功績にはあまりに不釣り合いな九州の小領地に左遷されてしまうのです。 秀吉は日本中で黒田官兵衛を最も恐れていたんですね。 だから力を与えない様に冷遇したのです。 まー逸話ですから100%信用は出来ませんがその後三成と官兵衛が不仲になっている事からも豊臣政権にとって味方であれば良いがもし敵になれば厄介な家康以上に警戒しないといけない人物だったんでしょうね! 最後にひとつ 官兵衛の名誉の為に 官兵衛は策謀家のイメージが強い悪役的なキャラクターですが本当は人生でただの一度も主君を裏切った事の無い忠義の士なのです。 みな主家が先に滅んだり、秀吉と同じく官兵衛の才能を恐れた主君側に先に裏切られるのです。 何だか可哀想な人生ですね。

0

家督を子供、黒田長政に譲り、朝鮮、明で、親子が活躍していたらしい!(息子長政だけっだかな?) 信長が秀吉の開祖であるが為、秀吉軍は、ほとんど織田信長軍を同化吸収(女達は、信長の代わりに秀吉が、織田家を守っている位にしか、秀吉の事を、考えていない訳です。だが秀吉にしてみれば、信長の創造した物を受け継いで、信長家をステータスと考えたはずで、茶茶と、親類同族になれば織田家の縁者という事になり、信長の後継者としての大儀名分が強まるので秀吉は、なんとしても信長の血筋を吸収したかったのです)(浅井の血でなく、織田の血が日本平定に必要だったのです。そのように説得されれば天下の為!民の為!という訳で、側室にやむ終えず、なったのです。茶々は、織田の家系を秀吉に保護してもらうという目的もあり、いわば一石3鳥というわけです。家康を抑えるのにも効き目があります)※その後のストーリです! 日本の国体にとっての脅威と言うよりは、全世界の脅威です!(信長、秀吉) やはり 一度目、文禄(懐柔政策) 二度目、慶長(掃討戦) この後は、三度目の征服戦といくはずが、秀吉が、死んだので、中止! 秀吉日本軍、圧倒的勝利!連戦連勝!世界に敵無し!戦国統一日本軍!(全世界の鉄砲合計数約40万丁! 日本軍だけで80万丁=国内生産) 約7年の戦い!その結果、李氏朝鮮=韓国の国民人口が7分の1になる! (李氏朝鮮=韓国、北、南)(明国=中国) ※文禄・慶長の役http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%87%E7%A6%84%E3%81%AE%E5%BD%B9#.E6.96.87.E7.A6.84.E3.81.AE.E5.BD.B9 ※釜山鎮の戦いhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%9C%E5%B1%B1%E9%8E%AE%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84 ※忠州の戦いhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%A0%E5%B7%9E%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84 ※東莱城の戦いhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E8%8E%B1%E5%9F%8E%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84 ※尚州の戦いhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%9A%E5%B7%9E%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84 ※晋州城攻防戦http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%99%8B%E5%B7%9E%E5%9F%8E%E6%94%BB%E9%98%B2%E6%88%A6 ※臨津江の戦いhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%A8%E6%B4%A5%E6%B1%9F%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84 ※泗川の戦いhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B3%97%E5%B7%9D%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84※明国滅亡!※清国建国!!!漁夫の利を得たヌルハチ=ラストエンペラーの、開祖ヌルハチ!が、秀吉の変わりに、ボロボロにされた、明国軍=明国をのっとり、清国を建国!)のちの(現中国) ※李氏朝鮮存続!=韓国=李氏朝鮮に、秀吉の死により、日本へは、帰らずに、現地で嫁をとった、日本人のサムライ達が、多数存在して、李氏朝鮮に、帰化した 。 その後、元日本人のサムライ達が、李氏朝鮮に加担して、女心族ヌルハチを追い払い、かろうじて李氏朝鮮国を防衛し、国は残るが、結局、明国時代の属国的地位関係は、清国になっても変わらなかった)のちの(現韓国、北朝鮮) ※徳川家康=徳川幕府成立! 秀吉(韓国、中国、の歴史の中で、悪魔と考えられている)の死により、その後の日本国内のみでの、確実な、天下を考えた、家康の考えにより、海外から、日本軍を撤収させ、秀吉日本軍を、二つの勢力に、分散させ、関が原の合戦を画策し、勝利を収める!!=徳川幕府成立。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%85 ※日本軍は、確か、全部で49番隊が総兵力!確か秀吉本陣軍は、49番隊位だったと思う!家康が48番隊だったかな? 結局、すべて出陣する事は無く、29番隊くらいで、秀吉が死んだと思ったけど!秀吉としてみれば、せっかく、手塩にかけた、日本統一秀吉軍(大半は、旧織田信長軍)を すべて出陣させずに、亡くなったので、残念だったのでは無いのでしょうか?3回目の総力戦が始まれば、ヌルハチの変わりに、秀吉の家来の加藤清正あたりが、日本の兄弟国(当時は日本の延長線上の大名征伐という感覚)として、ヌルハチの変わりに、大名として君臨したと思われますが? ※倭城 =日本人にはあまり知られていないが、韓国には、その当時の、日本軍が作った倭城跡(石垣など)が、まだ30箇所以上あり、観光客相手の、倭城跡ツアーなども、ある! http://www.castle7.org/wajou1.htm http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%80%AD%E5%9F%8E 織田信長が、生きていれば、秀吉が、総大将として渡海したはずです、秀吉にとっては国内政治は信長に任せておける訳ですから、思う存分、大陸を切り取りたかったのが、本音ではないのでしょうか?(やむなく日本国内の政治を行っている間に、戦場とは、違う、慣れない、気苦労で、早世してしまったと考えられます・・・異父弟の秀長を殺さなければ(家康は喜んだはずです)秀吉政権は長く続いたかな・・・やはり政治は政治のプロ信長あっての事ですね!)