ここから本文です

プロトコルとOSI参照モデルの関係についてですが…

アバター

ID非公開さん

2011/8/2011:47:04

プロトコルとOSI参照モデルの関係についてですが…

すみません、リクエストを出してしまいました。。
何日か前に出した質問なのですが、わかりやすい答えが全然つかなかったので、
暇があればぜひお願いしますm(__)m

テキストにでてきたのですが、何度読んでも具体的にイメージできません。
これはどういうことを言っているのでしょうか。

『プロトコルを使用するハードウェアが、OSI参照モデルに従って定義されていれば、物理的なデバイスと利用されるプロトコルを柔軟に組み合わせることが可能になります。
OSI参照モデルを利用することで、物理層で異なるプロトコルを使っていても、データリンク層やネットワーク層のような上位の層で同じプロトコルを利用すれば物理層の違いを吸収できます。
そのため、新しいサービスへの対応やハードウェア間の相互運用性の向上が容易になります。』

プロトコルとは、そしてこの場合で言うハードウェアとは…OSI参照モデルのOSIとは…全然イメージが掴めません。
この後TCP/IPが出てくるのですが、プロトコルが具体的にわからないので、先に進めそうにありません。データ通信をするためのルールとのことですが、それはHTMLの宣言のように目に見える形でどこかに記述してあるのでしょうか…?それとも…?

具体的に教えていただけると助かります!

もしよければ…お願いしますm(__)m

補足以前本を読んでもわからないことを質問させて頂き、
とてもわかりやすく答えていただいたのでリクエストしました。前の質問はマルチポストになってしまうので消しました…

私には市販本の説明が若干敷居が高く、こちらで聞きながら問題を解くほうが理解が深まります…少しづつですが、こちらのみなさんのお陰で問題が解けるようになってきましたm(__)m

この質問は、fer********さんに回答をリクエストしました。

閲覧数:
461
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fer********さん

リクエストマッチ

2011/8/2216:41:31

先の方が書かれているように膨大な規定があり、ここで全てを記述できません(かなり文字を減らしました、書き方もぶっきらぼうです)、おそらく質問者様はそれを期待しているとは思いませんので出来るだけ簡単に

簡単な例
あなたが恋人に手紙を送りたいとき、便箋に「愛してるよ」と書き封筒に入れ、封筒に相手の住所を書き切手を貼り投函しますよね
その後はあなたは気にする必要がありません
ポストに来た配達員が手紙を郵便局に持って帰り、郵便局で郵便番号に従ってトラックなどで次の局に送り届け、その後封筒の住所に配達員が届けます
それを受け取ったあなたの恋人は封筒から便箋を取り出して手紙を読む事ができます

これはOSIと同じ概念といえます、それぞれのレイヤ(あなた、郵便局、配達員、恋人)はすべきことが決められていて(プロトコル)その通りに行動することで全体の機能が実現出来るようになっています

簡単な説明

OSI参照モデル(以降OSI)は、異なる通信機器間でデータを伝えるため、【機器を物理的・概念的は層(レイヤ)に分けて、それぞれの役割を決めた物】です

コンピュータやモデムを作る会社は1社ではありません、それぞれが勝手に作ってしまうと全ての機器を繋ぐことができなくなってしまいます、そこで国際標準化機構(ISO)が異なる機種間でデータ通信を行うために機器の持つべき機能を層に分割し、それぞれが行うべき事を規定したのがOSIです

第1層(物理層):物理的な形状(伝送ケーブルのソケットの形、電圧)などを決めています
これにより【違うメーカーの製品同士を物理的に繋ぐことが出来る】ようになります

第2層(データリンク層):第1層を利用し、伝送を開始するための手順(「これから送りますよ」->「了解」、「データ終わりました」->「OK受け取りました」)を規定し、さらに物理エラーの発生(電波などの影響でビット落ちするなど)に対処する方法(「NG、もう一回」)が規定されました
これにより【上位で物理エラーの発生を気にする必要がなくなり】ます

第3層(ネットワーク層):データリンク層に来た伝送データはどこへ送るか決めなければなりません、この層では伝送データに含まれるアドレスなど(IPアドレス)から次にどこへ送るかを決定します
これにより【伝送データは正しい送り先へ送出】されます

第4層(トランスポート層):伝送データをそのまま送ると膨大な量になります、それでは物理エラーが発生する可能性も大きくなります、ここでは伝送データを圧縮したり、誤りのある伝送データの修復などを行います
これにより【データ伝送の効率化および汎用性が図られ】ています

第5層(セッション層):データを伝送する仮想的な経路を制御します、接続機器間での開始や終了の手順が規定されています
これにより【物理的な構成に関わらずアプリケーション層に通信手段を提供】することができます

第6層(アプリケーション層):伝送データを使い利用者に様々なサービスを提供する機能を規定しています
これにより【伝送データを使い利用者にサービスを提供することが出来る】ようになります


プロトコル(protocol)には"礼儀作法"という意味があります、つまり【データ伝送の相手側に伝えたいことを理解してもらう為の作法】ということです、プロトコルはOSIの各レイヤ毎に規定されていてます

物理層:コネクタの形状が異なると接続出来ません、また受信側が5Vの対応なのに送信側が100Vを送ると受信側が壊れてしまいます

データリンク層:送信側が「了解」を待っている時「○×△」と送られてきたら送受信が成り立ちません

ネットワーク層:アドレスが決まった所に書かれてなければ、どこに伝送データを送り出せば良いか分からなくなります

トランスポート層:誤り訂正の方法が異なると伝送が成り立ちませんし、誤ったデータに変換されるかも知れません

セッション層:接続先のアプリケーションが特定できないと相手に繋ぐことが出来なくなり通信自体が成り立ちません

アプリケーション層:受け取った伝送データが理解出来ない、もたは誤って受け取った場合、利用者に誤ったデータを提供する事になります


以下のサイトに良くまとまった説明があります

@IT:基礎から学ぶWindowsネットワーク:
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/network/baswinlan002/baswinlan002_...

アバター

質問した人からのコメント

2011/8/22 18:12:52

一安心 すみません…私の説明が悪かったのですが…

>OSI参照モデル(以降OSI)は、異なる通信機器間でデータを伝えるため、【機器を物理的・概念的は…

この辺りが一番知りたかったことです!レイヤ一つ一つではなく、OSI自体がなんなのかというか…ですがレイヤの中身にまでふれていただいてありがとうございますm(__)m

もともとここは本1ページの内容で理解する方が難しいのですね…それがわかっただけでもありがたいです

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

cen********さん

2011/8/2014:15:13

あなたの質問を見る限り 全く理解されていないことがわかりました。 私も理解するには200pくらいの分厚い本を
5,6冊読んでやっとわかりました。
よって2000文字の質疑応答ではレイヤ1--7までのうちのどれか一つでも理解できたら吉とすべきでしょう

どこがわからないのでしょうか再質問してください

umb********さん

2011/8/2012:29:10

(非回答)
あれ前の質問消されちゃったかな、、、、、、あれれ、、、
少しは進めると思って回答したのだが、、、、
全く同じ質問かよ
的を絞って質問しなさいよ

ルールなんて記述してないよ、、、流れる信号やデータが何を意味するかという前提がないと何もできない。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる