ここから本文です

発電機と電池の違いは何ですか?

erkswnlerさん

2011/9/308:41:21

発電機と電池の違いは何ですか?

閲覧数:
875
回答数:
6
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

takoon_novaさん

2011/9/309:16:02

発電機は回転エネルギーを電気エネルギーに変換するもの

電池は化学エネルギーを電気エネルギーに変換するもの

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/5件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

a36f42rさん

2011/9/411:18:17

発電機はウルサイ、電池は静かです。

mamegonnyaoさん

2011/9/309:32:30

発電機は外部から回転力、太陽光、熱などのエネルギーを供給されてそれを電力に変換する装置です

電池はプラスイオン、マイナスイオンを持った二種類の物質を内部で反応させて電力に変換する装置です
プラスイオンとマイナスイオンが結合するときに電力が発生します
イオンが消滅すると使えなくなる1次電池(使い捨て)とイオンがなくなると外部からイオンを補給できる2次電池(充電式)があります

hisa396さん

2011/9/308:47:25

ご質問者様

発電とはあるエネルギーから電気を作り出すこと。(ちなみに三相交流)

水力であれば水の位置エネルギーを水車で受け止め、
これで発電機を回します。

火力は投入した燃料を蒸気で回収し、
蒸気タービンを回転させて発電機を回します。

原子力はラン235の核分裂で得た熱エネルギーを蒸気に変え、
蒸気タービンを介して発電機を回します。


それに対して電池というものは、
ある程度の電荷を帯びた物質を使う方法で、
内部の物質の電化がなくなれば電気を引き出すことはできません。
(ちなみに直流)

ご参考になれば幸いです。

new0788さん

2011/9/308:42:41

発電機は電気を作るものです。電池は電気を貯めるものです。

monitamoni22さん

2011/9/308:42:33

発電機は自力で発電しています。燃料があればいくらでも発電可能です。

電池は電気を蓄えているだけです。自力では発電できないので出せる電気を出しきったら終わりです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。