湿度と汗 気温が低くても、湿度が高いと汗がだらだら出てくるのはなぜですか? 気温が低くて湿度が高いのと、

湿度と汗 気温が低くても、湿度が高いと汗がだらだら出てくるのはなぜですか? 気温が低くて湿度が高いのと、 気温が高くて湿度が低いのでは前者のほうがあきらかにたくさん汗が出ます。 これはどうしてなのか、教えてください。

気象、天気27,762閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

3人が共感しています

ベストアンサー

11

気温とははずれますが、少し聞いてください。 人は恒温動物で、体内温度を一定に保とうとする働きが組み込まれています。 寒くなると体内代謝を更新させて熱を生み出そうとします(寒くなるとブルブルと筋肉を震わせるのもそれです)。 暑くなると体内温度を下げねばなりません。体表面の温度を上げて空気に熱を伝えたり熱輻射を増やします。 ところが空気は非常に良い断熱材なので、熱をあまり伝えてくれません。すると、ますます熱がこもります。 放熱が足りなければどうするかというと、汗を流し、汗が乾くときの気化潜熱で身体を冷やすのです。 そこで湿度ですが、湿度が高いとなかなか汗が乾きません(湿った日に洗濯物が乾かないようなものです)。 それならもっともっとと、身体は汗の量を増やして排熱をはかっているのです。

11人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

大変わかりやすかったです!ありがとうございます。

お礼日時:2011/9/8 22:26