ここから本文です

敬語について 「参る」は謙譲語ですから目上の人に対して 「(一緒に)参りまし...

won********さん

2011/9/1114:58:27

敬語について

「参る」は謙譲語ですから目上の人に対して
「(一緒に)参りましょう。」
と言うの間違っていますよね?

そうするとちょっと聞き慣れないですが、
「いらっしゃいましょう。」
と言ったほうがいいのでしょうか?

補足テレビ(平成教育委員k…略)で
「参りましょう」は間違っている
と言っていたので、質問した次第です。

恐らく「参りましょう」が誤用であることは確かだと思います。

閲覧数:
7,201
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mut********さん

2011/9/1120:27:43

着目点は非常に面白いのですが、質問者様のご判断はいささか的を外しているように思います。

まず結論から言えば「参りましょう」が正しい敬語の使い方、なんです。

相手の動作を敬語にする場合、普通の言葉を機械的に尊敬語にできるものと、できないものがあります。できないのは、相手にこちら側が行動を強いるニュアンスを持つ場合などです。

例えば「会え」という命令形を丁寧に表現すると「会ってください」となります。でもさらに尊敬語化するとなると、尊敬語の基本パターン「お(ご)~になる」を使うなら「お会いになってください」ですが、これはいささか不自然な語感になってしまいます。

そこで「お目にかかりたく存じます」という表現で、こちら側があなたの目にする対象になりたく思う、というこちらの考えを言うだけの間接的な使役表現になるわけです。

で、

「そろそろ(一緒に)参りましょうか」などの表現は、あくまで私が「行く」行為を「参る」と謙譲表現にしているだけの文なんです。つまりあなたも一緒に来い、というニュアンス(概念)は、この表現の中には一切ありません。

省略されている意味合いを補填すれば「そろそろ(向かう時間だと思いますが、あなたがいらっしゃると判断するなら、もちろん私も一緒に)参りましょうか」という感じでしょうか。

つまり、私は「あなたと一緒に『参ろう』と思うのですが…」と、こちらの行動に関する思いを今取り上げることで、「もう行く時間が来たように私は思っている」ことを婉曲に伝える、という形です。一緒に来い、一緒に行け、というニュアンスは持たず、でもそうした方がよいと私は思ってるがあなたはどうか、と促すニュアンスなわけです。

もちろん「いらっしゃいましょう」は完全に誤用の範疇です。尊敬表現を、直接使役する意味合いで表すのは不自然だし、不敬な表現として使われない、と考えてよいと思います。

(補足)
これは失礼いたしました。的を外している判断なのは質問者様ではなかったようですね。ごめんなさい。

でも、敬語のメカニズムは前述したとおりです。

よく敬語のマナー講座などで「参りましょう」は完全な誤用だ、などと断言するサイトもありますが、そうですか、平成教育委員会でも使われましたか…。でも、この判断は「明らかな」間違いだと思います。ネットなどで敬語のマナー講座は腐るほどありますが、この手のよく考えもせず間違いと断罪するものもまた腐るほど存在します。

相手も謙譲してしまうから間違い、というのは、謙譲しているかのように聞こえてしまう、というなら一理あります。でも、その判断自体が浅はかだと思えます。

このような説明をするサイトを参照すると、「『お出かけになりますか』と声をかけ『私もお伴いたします』などと謙譲語で表現します」と解説されていたりしますが、これでは文の誤用の修正ではなく、表現するシチュエーションの変更でしかなく、実は論理のすり替えなんです。

この例で言うなら「お出かけになりましょう」などと、相手に行動を強いる表現には、やはり出来ません。「お出かけになってはいかがですか」はさらに一歩踏み込む形ですが、選択肢の提示であって使役ではありません。

また、実は「参りましょう」は、「お伴いたします」と同じ作用を担当する表現でしかありません。つまり「私もお伴いたします」の別の表現が「一緒に参りましょう」で、この場合の「しょう」は、相手の行動使役ではなく「話者の意思・決意を表す」ための助動詞「う」のついた語形です。

で「参りましょう」という形は、お出かけになりますか、と相手の行動を伺う行為もせず、ただ自分の行動(意思)に言及する表現しかしない語法で、しかもそれが間接的に相手に行動を促すために使われるだけです。これは非常に多く使われる慣用表現であり、だからこそ謙譲語で相手を使役しているかのように感じられる、という誤解、誤認の範疇だと思えます。

敬語で、このような間接的使役表現というのは非常に多いんです。それを踏まえず、「参りましょう」では相手も謙譲してしまう、と考えるのは敬語の作法の基本的なメカニズム(直接の使役を尊敬語にはしない)を知らない、もしくは失念している判断としか思えません。

テレビで、よくこういった浅はかな判断を喧伝する場合もよくあります。テレビで言ったから「確か」だ、というのも早計だと思います。

ご参考になれば幸いです。(これは間接使役ではありません(笑))

質問した人からのコメント

2011/9/11 20:46:06

成功 丁寧な回答ありがとうございます。
今までモヤモヤしていたので、助かりました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

met********さん

2011/9/1117:03:33

「いらっしゃいましょう」という言い方は敬語としてありえません。

常識的には「参りましょう」です。

たとえ、行き先があなたの孫のところでも、あるいは地獄であっても。

pok********さん

2011/9/1115:12:49

「一緒に(この私めが)参りましょう」ってことなんじゃ?
だって誘っているのは自分なんだし・・・。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる