ここから本文です

猜疑心を取り払うには,どうしたらいいですか?昔のトラウマです.疑う癖がつきました...

アバター

ID非公開さん

2011/9/1616:42:05

猜疑心を取り払うには,どうしたらいいですか?昔のトラウマです.疑う癖がつきました.猜疑心なんて抱いても何もいい事ありません.分かっていても条件反射のように起こります. 同じような方や克服した方などいらっしゃいましたら助言を頂きたいですm(__)m

補足ご親切に,ありがとうございます.どうしても浮かぶ猜疑心と毎回闘っています.毎日たくさんメールで問題を話しています.過去に猜疑心で失敗して学習したので相手の悪いところも受け入れなければ自分の幸せは生まれないと理解しています.「いつも尊重してくれてありがとう」と相手には言われます.私も同じ気持ちです.だからこそ浮かぶ猜疑心が辛いです.だから克服したいのです.

閲覧数:
15,515
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tai********さん

2011/9/1720:22:41

猜疑心が芽生えたときは、すぐにも結論を出したい想いに駆られるかもしれません。
でも、急ぎすぎてはいけません。性急な断定は感情に流されてしまうだけです。
どうしても必要な判断だけを下し、心の中では最終的な判断を待つことです。
感情や思考から明らかな認識へ、うわさや憶測から事実へ、一度、心を移してください。

どのような人にあなたは心を開いてきたのでしょうか?
いい人。信じられる人。自分のことを大切にしてくれる人。
あなたは、その時その場の自分の利害だけで、人物をふるい分けてこなかったでしょうか
自分の快苦、利害の判断と「信じること」とは次元の違うことです。
もしあなたの迷いに利害が色濃く絡んでいるならば
それは信じるかどうかより、利害の問題として考えるべきかもしれません。

信じることは、全部を受けとめてゆくこと
眼を閉じてしまうことではありません。
耳をふさいでしまうことではありません。
眼を開き、耳を開いてどこまでも見届け、どこまでも聞き届けること

すべてを受け止め、それに応えつつ
最後に決して壊れることのない絆に心を託すこと
それが信じることなのです。

信じるためには
深く深く受け止めなければなりません。
良いところも
悪いところも
ありのままに見なければなりません。

あるときには、じっと見守り、
あるときには、ひたすらにかかわり合うのです。
そしてときには、忠告し叱咤激励し、腹蔵なくぶつかり合うこと。
たとえその言動に「ノー」を示すときでも
存在そのものに対しては「イエス」という
神の心につながる絶対肯定の姿勢で臨むこと
それが信じるということでしょう。
自分の快苦、利害の計算をひとまず脇において
もう一度、その人を見てください。
先入観と思い入れと、期待と恐れを突き抜けてゆく
真実だけに忠実な出会いを念じるのです。

雪ダルマのようにふくらんでゆく疑いは
ボタンのかけ違いのような判断の誤りを誘う妄想になりやすいものです。
事実を見、事実を想って、疑いの肥大を断つことです。

疑問は根本を肯定するために投げかけられるべきもの。
否定のための疑念になるとき、人は黒い想念に巻き込まれます。
そこに、愛と慈しみの想いがあるかどうか
神の心につながってゆく清さがあるかどうかが鍵になります。
_______________________________


と、いうことです。

アバター

質問した人からのコメント

2011/9/23 17:10:51

ありがとうございました☆

「猜疑心」の検索結果

検索結果をもっと見る

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる