ここから本文です

疑問です アサヒスーパードライなのに生ビールってどういう事なんですか…

ger********さん

2011/9/1709:51:35

疑問です アサヒスーパードライなのに生ビールってどういう事なんですか…

閲覧数:
776
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

har********さん

2011/9/1710:13:31

生ビールとは…

加熱殺菌を行っていない

という意味です


なので、「ドライ」かどうかには関係ありません


因みに、居酒屋等でビアサーバーから注いだビールを
多くの方が「生」と認識していらっしゃいますが、
ビア樽から注いだビールは生では無く、
「ドラフト」ビールになります
こちらも、ドライと同様に

「生」という言葉と
「ドラフト」という言葉とは
違う土俵の言葉になります



話が長くなりまして、失礼致しましたが

ドライで生でも全く問題ありません

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sui********さん

2011/9/1712:05:37

ドライビールは、酵素の助けを借りて通常は発酵しないデキストリンまで発酵可能な糖分に替えることにより、高度に希薄化して造ったビールです。この方法で造ると最終比重が大幅に低下するので、甘味のないビールができます。

生ビールは、日本の公正取引委員会が認定した「ビールの表示に関する公正競争規約」によりますと、熱処理していないビールを指します。微生物管理技術の向上やろ過技術の進歩により、完成したビールに熱を加えて酵母の動きを止めなくても、加熱したビールと同じように長期間の賞味期限が保証されるようになりました。

なので、何のひねりも無くて申し訳ないですが、アサヒスーパードライなのに生ビールとはどういう事かというと、ドライビールであり、生ビールであるということです。

ちなみに、ドラフトビールとは樽に詰めたビールを指し、飲むときにハンドポンプでドラフト(汲み上げる)ことから名付けられました。したがって、本来は生ビールや非熱処理ビールのことではないのですが、樽詰のビールは熱処理をしていない場合が多いため、ドラフトビールを生ビールと呼ぶ習慣ができました。
(参考:『世界ビール大百科』)

sir********さん

2011/9/1711:11:09

「辛口」とは英語では「DRY」
「生」とは英語の「Draft」です。

「生ビール」とは加熱、殺菌処理を行わないビールと言うことになります。いまのビールは、ビールの熟成の最終段階で熱処理をしない代わりに、濾過処理します。通常2回濾過処理をして酵母等を取り除き、加熱される前の生ビールの味わいを保っています。缶やビンのラベルに「非加熱処理」や「熱処理していません」と書いています。

ただし、これは日本においての分け方であって、本来の「生」とは英語の「Draft」がその語源です。樽に詰められた出来たてのビールをビールサーバーから注ぐというのが本当の意味です。熱処理してる、してないに関係ありません。
ドライビールは、アルコール度数を従来のビールより高め、辛口(英語では"DRY")に 仕上げたビールのことです。
ですから「アサヒスーパードライ 生」なのです。

hea********さん

2011/9/1710:09:42

アサヒビールが販売している 主力商品の生ビールの名称が 「スーパードライ」なんですよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる