ここから本文です

外付けSSDとUSBメモリの違いについて。 外付けSSDとUSBメモリの違いはなんです...

vil********さん

2011/9/1712:05:03

外付けSSDとUSBメモリの違いについて。

外付けSSDとUSBメモリの違いはなんですか?
調べた感じでは、SSDは、HDDの代わりとして作られたフラッシュメモリ。
USBメモリは、データの持ち運び

を前提としたフラッシュメモリ。
という印象です。
しかし、バッファローのスティック型のSSDをみて、外付けSSDとUSBメモリの違いがわからなくなってしまいました。
USB3.0ならともかく、USB2.0の環境では対した違いはないのでは?、と思っています。
いま、USBメモリを持っているのですが、ポータブルSSDを代わりとして使えますか?
買い換える意義はありますか?

補足USB2.0では、ポータブルSSDの方は目に見えて早いですか?
あと、ポータブルSSDの方にソフトをインストールして、他のパソコンで使用できますか?(Google Chromeとか・・・)

? が多くてすいません。。。

閲覧数:
33,921
回答数:
3
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nad********さん

編集あり2011/9/1901:02:05

SSDとUSBメモリでは、設計が違います。
SSDはHDDより価格が高くその価値は「HDDよりも高速に動作し、しかも壊れにくい」です。HDDをSSDに換装して早くならなければお客は怒ります。
USBメモリに要求されるものは、低価格と小型化です。性能そこそこでとにかく安く、USBメモリの外形に収まるもの。

実際、SSDはNANDチップに対し、16チップや32チップ並行して書き込み、読み出しを行いますが、USBメモリは4チップ並行までです。SSDは外形を大きくできるので、NAND制御チップのピン数が多く、NANDチップに対して並行した処理を続けることができるからです。バッファローのスティック型SSDは、外形の制約から並行処理数が通常のSSDよりも少ないのではないかと思います。確認したわけではありませんが。やはりHDD形状の有名メーカーのものが性能と信頼性でUSB形状のSSDとは別格でしょうね。

また、SSDは信頼性も高くなければならないので、使われるNANDチップの品質を落とすことは出来ないのですが、USBメモリは、所謂低ランクのNANDチップが使われます。NANDチップは歩留りを上げるために、性能や品質でランク分けされていて、当然高ランクのものは価格も高く取引されています。

補足について
USB2.0は、転送速度だけでなく、コマンドの処理時間が長いためSSDによる効果は、内蔵HDDをSSDに交換したときよりも少ないです。外付けSSDにOSをインストールする場合、USB Bootさせる必要があり設定などがめんどくさいです。不可能ではないと思いますが。

質問した人からのコメント

2011/9/22 23:52:16

ありがとうございました

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

bur********さん

2011/9/1723:17:08

今商品確認をして見ました・・・・・。

スティックタイプのSSDの方が早いと思います・・・・・・・。

私は以前使っていたノートパソコンが壊れてしまってSSDを持て余してい増した、たまたま外付けHDDのケースが余っていたのでそれを使って外付けタイプにした所かなり早いデバイスの完成です。

あまりの速さに感動しました、それを考えると普通のUSBメモリーより早いと思います。

SSDの本名

Flash SSD(フラッシュエスエスディー)

USBメモリーの本名

フラッシュメモリー

どちらも不揮発性の情報記録装置です、電池等で電気を常に送らないでもデータの損失はありません

ちなみに揮発性のメモリーは・・・・、。

電池等で電気を常に送っていないとデータを損失してしまいます。

フラッシュSSDに付いて

こちら → http://ja.wikipedia.org/wiki/Flash_SSD

ついでにSD ・ メモリースティック ・ CFカード ・ ミニSD
・ マイクロSD は不揮発性のメモリーです。

shi********さん

編集あり2011/9/1823:26:36

明白な違いがあります。(マイ)コンピュータでみると

USB接続の外付けSSD-----ローカルディスク
USBメモリ----リムーバブルディスク

とはっきり違いがわかります。この結果

(1) USBメモリはWindows上ではパーティションを分割して使えないが, USB外付けSSDはHDDと同様にパーティションを分割して使える。

(2) 一部のソフト, たとえばMicrosoftVisualStudioはリムーバブルディスク, したがってUSBメモリにはインストールを拒否されるが, USB外付けSSDにはインストールが可能である。


>バッファローのスティック型のSSDをみて、外付けSSDとUSBメモリの違いがわからなくなってしまいました。

私もBuffaloのスティック型のUSB外付けSSDをもっていますが, 上記の違いはありますが, 性能的にはUSBメモリと全く変わりありません。

Windows以外のOSでも(2)と同様のことがあります。

(2') VineLinux5のインストーラーを起動しても, インストール先の選択肢にはUSBメモリが出てこないのでインストールできないが, USB外付けSSDは出て来てインストールが可能である。

ちなみにVineLinuxは例外で、大部分のLinuxでは選択肢でUSBメモリが選べて、USBメモリにインストールが可能です。

>買い換える意義はありますか?

上の(1), (2), (2') のような使い方をするのでなければ, 買い換える必要はありません。

>ポータブルSSDの方にソフトをインストールして、他のパソコンで使用できますか?

他のパソコンで使えるかどうかは, そのソフトが"ポータブル"かどうかの問題であって, USBメモリを使うかUSB外付けSSDを使うかには関係ありません。

追記:参考までにCrystalDiskMarkの測定結果を載せておきます。

・Buffalo のスティックタイプの16GBの外付けSSD SHD-U16GS(Buffaloは SHD=シリコンハードディスクと呼んでいる)

Sequential Read : 16.297 MB/s
Sequential Write : 6.967 MB/s
Random Read 512KB : 16.252 MB/s
Random Write 512KB : 2.046 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) : 3.603 MB/s [ 879.6 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) : 0.024 MB/s [ 5.8 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) : 4.038 MB/s [ 985.9 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) : 0.033 MB/s [ 8.1 IOPS]

・SiliconPowerの8GBのUSBメモリ(型番不詳)

Sequential Read : 16.430 MB/s
Sequential Write : 8.298 MB/s
Random Read 512KB : 16.282 MB/s
Random Write 512KB : 0.873 MB/s
Random Read 4KB (QD=1) : 3.672 MB/s [ 896.5 IOPS]
Random Write 4KB (QD=1) : 0.012 MB/s [ 3.0 IOPS]
Random Read 4KB (QD=32) : 4.010 MB/s [ 979.1 IOPS]
Random Write 4KB (QD=32) : 0.023 MB/s [ 5.7 IOPS]

パソコンの性能にもよるので数字そのものはともかく, 市場で激遅と噂されているシリコンパワーのUSBメモリに負けている...

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる