ここから本文です

北欧で夜間に見られる 真珠母雲 と 日本で昼間に見られた 虹色雲 とは 異な...

ray********さん

2011/9/2010:21:51

北欧で夜間に見られる 真珠母雲 と

日本で昼間に見られた 虹色雲 とは

異なるものでしょうか?

閲覧数:
481
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

imp********さん

編集あり2011/9/2010:59:27

虹色雲は彩雲で、夕立がきそうな湿度の高い時に、小規模なものは頻繁に見えますよ。

また、彩雲は絶対に夜見えません。
太陽光のスペクトルが投影したものだから。



真珠母雲は北極圏の白夜のある地方または、その周辺で、太陽が地平線上に昇らなくても、高い高度にある雲に太陽光線が届くことがある。

この時、太陽はでていないのに雲だけが光って見える。これが真珠母雲。

夕暮れの時、日が没んだ後も、雲が夕日に照らされて明るいことがある。イメージはこれに近い。
ただ、真珠母雲は発現条件が揃わないと見えないので、夕焼けほど頻繁に出現しないだろう。

したがって、虹色雲と真珠母雲は全く異なるメカニズムで発生している。

質問した人からのコメント

2011/9/27 09:36:59

抱きしめる ありがとうございました

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる