ここから本文です

おじおばの忌引きの日数について質問です。 三親等なので一般的には一日休みが取...

red********さん

2011/10/209:28:34

おじおばの忌引きの日数について質問です。
三親等なので一般的には一日休みが取れるようですが、世の中いろんな会社があり事情もあるでしょうから、 必ず休みが取れるとは限りませんか?

又、血縁のおじおば(両親の兄弟姉妹)と、そのおじおばの配偶者(義理)とでは又休みも違いますか?

閲覧数:
189,781
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nen********さん

2011/10/218:23:15

親族の葬儀による忌引き(特別有給休暇)の規定は会社によります。

自分が勤める会社では、血縁の叔父・叔母の葬儀には特別有給休暇がありますが、義理の叔父・叔母の場合はありません。
姻族であるのは配偶者の親・兄弟や、兄弟の配偶者程度です。
おそらく血族3親等、姻族2親等だとおもいます。
また、血縁者でも同居・別居で忌引きの日数が異なるケースがあります。

ただ、兄弟の配偶者の親など忌引きはとれなくても、葬儀の為に通常の有給を使用して休む事は特段咎められる事はありません。

質問した人からのコメント

2011/10/5 22:04:47

降参 お二方様ありがとうございます。
結局は、その会社(上司)の考え方次第なんですね…

「忌引き 叔父」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

ota********さん

2011/10/210:00:18

親族の訃報ですから、社員の判断に加え、会社の規定によって
決まるものです。

1.会社の場合は、有給休暇制度があります。原則的には、この
有給休暇を使用するものです。

2.親や祖父母、配偶者、実子のような場合には、各社2日から5日
もしくは7日の弔慰有給休暇を認めています。
このような対象者の葬儀であれば、通夜葬儀に参列するか、
初七日法要まで済ませられるか、といった関係で決まっているようです。

3.おじおばの場合は、この制度ができたころは、きょうだいが6名7名
といった時代ですので、おじおばまでの忌引きを認めている会社は
少ないようです。
2.で記載した対象者の場合には、会社として香典や弔電、供花の
対象になりますが、おじおばまではその対象にはしていませんでしょう。

現在全国で数万人の会社に勤務していますが、おじおばの弔慰
有給休暇の取得は認められていません。

血縁があっても、なくてもおじおばの場合は、三親等だからといった
理由のようです。
対象とするのは、二親等までと限定しているからでしょう。

4.親族ですから、通夜や葬儀に参列することが、世間では一般的
なものです。
地方によっては、おいやめいは参列する必要がない、香典も用意
する必要がない、といった極論の地域も存在しますが、例外でしょう。

その例外の地域出身の上司でなければ、通常『おじが亡くなり
ましたので、明後日の葬儀に参列したいと思います。お休みさせて
いただいてもいいですか。』といった申し出を受けてくれるでしょう。

意外にその例外の地域もあるので、そのような上司の場合は、
説明しても理解してくれません。自分だったら参列しなくてもよい
葬儀に、部下社員が参列したいと申し出ても理解や納得ができない
のです。この場合は休みがとれません。上司の出身地を知っておくと、
こんなところで妙に納得してしまいます。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる