ここから本文です

高校における社会・理科の細分化は妥当か? あえて学校カテではなく哲学カテに投...

haw********さん

2011/10/700:05:11

高校における社会・理科の細分化は妥当か?
あえて学校カテではなく哲学カテに投稿させていただきます。
「何を教えるべきか」という教育の哲学についての疑問ですので。

ご存知の通り、高校社会は「世界史・日本史・地理・現社・倫理・政経」に、高校理科は「物理・化学・生物・地学」の分野に分かれております。
学校のカリキュラムと個人の希望のすり合わせにより、少数の分野を選択する方式です。
中学の社会・理科では、このような分化はしておらず、全分野を学びます。
つまり、中学までは広く浅く、高校からは狭く深くになります。


私は受験カテの参加者ですので、現在のシステムが受験との絡みで悪く働いている例が、とても目につくのです。
○受験に必要ないからと言って、選択されずに切り捨てられる分野がある。例えば医学部で学ぶには物理化学生物の3分野が主に必要になるが、受験には2分野しか必要ないので、1分野は勉強しない状態で医学生になってしまう。
○受験に必要ないからと切り捨てられた分野にも、大学での学習に限らず日本人の教養として有用な内容が多く含まれている。
○どの分野を選択するかによって、受験における有利不利、つまり不平等が発生する。


メリットとデメリットは常に背中合わせですので、これらの問題の裏には当然ながらメリットもあるわけですが。
それでも、現行のシステムが日本の教育にとって有意であるかどうか、疑いを持ちます。


どう思われますか?
受験の観点に限らず、個人の思われる方面から回答いただければ幸いです。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
273
回答数:
7
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

iga********さん

編集あり2011/10/701:23:58

高校の進学率はかなり高いので、かなり知能が低い高校生もいます。そんな生徒に多くの分野の学習を限られた時間に要求するのは無理でしょう。一方、知能が高い少数の高校生には出来るだけ多くの分野の学習をして欲しいと思います。科目を絞って深く勉強するのは大学へ入ってからでも遅くはありません。

つまり、ほとんどの生徒が高校に進学する現代では、知能が低い生徒のことも考えなければならないのです。同時に知能が高い生徒の教育、いわゆる「エリート教育」も推進するべきなのです。

そのためには、大学の入試科目を増やすことが必要でしょう。その代わり出題内容は難問奇問を避け、基本問題(受験の基本問題であって、それなりに難しい問題)に抑えるべきです。

しかし、受験生は安易な道を選んでしまうもので、受験科目の少ない大学を選ぶ傾向があります。つまり、大学側からすると受験科目を増やすと受験生が減ってしまうのです。

この問題の解決策としては、文科省の主導で、試験科目を安易に減らさないような規制をかけることが考えられます。教育の自由との兼ね合いもありますが、それが生徒や日本の社会の利益となるなら、強いリーダーシップを発揮しても良いと思います。日教組に迎合した「ゆとり教育」の失敗で懲りたはずです。

質問した人からのコメント

2011/10/13 22:06:33

成功 回答ありがとうございます。教育の自由を言い訳にして、受験生獲得のための安易な科目減をするのが、問題の発端かもしれません。

ベストアンサー以外の回答のみなさまも、ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/6件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

jij********さん

2011/10/723:46:28

共通一次の前までは、普通科では理科4科目、社会5科目を
全て学ぶことになっていた。
共通一次が導入されてから、受験科目以外は選択しない、
勉強しない傾向が出はじめ、土曜休日や「ゆとり教育」などで
授業時間数が減少し、理科2科目、社会2科目でも卒業
できるようになってしまった。

現在のシステムがうまくいっていない、という点には同意。
受験システムは昔からしの弊害が言われている。
選抜が必要なのだから、無くすことは現実的に出来ないだろうね。

vit********さん

リクエストマッチ

編集あり2011/10/723:43:51

哲学・倫理スレに質問する意味は何か?別に何を教えるべきかという意味なら、理数科系のスレ「数学」や「物理」、史学系「世界史」、「日本史」、文学系「国語」「英語」のスレなど大学の学部に関連するものすべてに投稿してはどうだろう。あえて「哲学・倫理」でというなら、大学で「哲学」や「倫理学」を学ぶ中で、どのような分野の科目が必要だったか聞くのがいいのではないか。

①ちなみに私は、大学受験期には、「数学」や「物理学」をもっと勉強しておけばよかったと思う。文学部志望のため、「数Ⅲ」や「物理」はやってない。数学における「無限」の概念や「集合」、「確率・統計」など文学部でも役に立つものは多い。数学は「論理」。哲学を専攻する上で、考えるための基礎といってもいい。物理も「力学」や「電磁気」、「波・光」など哲学の対象となる「存在」や「認識」などとの関わりが非常に深い。いずれにしても、理数系の科目は、哲学にとって、何が科学的知識としてわかっていることなのか知っておくという意味では重要な教養のひとつだ。

②「高校倫理」は世界史とか日本史、地理と同レベルの選択科目にしてほしかった。私が大学受験当時は「現社」の一部であり、共通一次の科目から外されていた。正直授業も「政治経済」と同じ教科書で内容も時間がなかったのか「適当」だった(感じがする)。「高校倫理」こそ「哲学科」への準備ではないか。哲学や倫理だけでなく、三大宗教の教義など「宗教」についてもきちんと理解しておくことが必要である。

③受験に有利不利については、正直仕方ないと思う。最初から難易度を合わせることなどできるのか。困難だと思う。平均点を比較して、ある程度調整するしかないのではないか。そもそも各個人で得意な科目や分野があると思う。全科目を受験させるにしても、得意不得意な分野がある。試験に全部の分野を出せるかというと不可能であれば、どっちみち出た分野が得意な子と出なかった分野が得意な子に差がついてもしかたない。受験は、手をつないでみんなでゴールではないので、ある程度は甘受すべきだと思う。

jug********さん

2011/10/721:59:51

理想を言えば、全ての科目を勉強する方がいいに決まっている。
実際、私立の超一流校は理科も社会も全分野を学ぶし、文系でも数学ⅢCを学ぶ。

cos********さん

2011/10/715:19:42

高校で学ぶことなど、たかが知れてる。
受験勉強など、ほんの一時期のことに過ぎない。
大学でも、社会でも、それこそ、くさるほど勉強せなならん。
カリキュラムや受験科目云々など、勉学・学問の広大さに比べれば、議論するのが恥ずかしいくらいのものではないかな?

rik********さん

2011/10/703:15:23

本当は科目の合併や分割等の再編は必要だと思います。分野横断的な思考が必要になっている現在、まとめて学習した方がいい分野が科目の枠で分断されていたりして、体系性や整合性のない理解に終わりがちです。
現在の科目構成でやるなら、高校を五年制にして全教科全科目必修、センターも全教科全科目必修、二次試験は学部で特に重要な科目に限定する、ぐらいのことをした方がいいと思います。そうすれば中高一貫教育のために中学受験とかやらずにすみますしね。体の育つ時期に無理矢理勉強というのは人格形成上プラスに働くとはあまり思えません。
少子化が進んでいるわけですから、余った教室を活用したり、一学年の定員を調整すれば不可能ではない気がするのですが。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる