ここから本文です

お正月の時によく飾ってあるピンクと白色の玉が枝に串刺しになっているような形状...

aki********さん

2006/1/1911:02:52

お正月の時によく飾ってあるピンクと白色の玉が枝に串刺しになっているような形状の物がありますが、
あれは一体何なのですか?
飾ってあるのはおそらくプラスチック製だと思いますが、
元々は何で出来ており、何を意味する物なのでしょうか?

閲覧数:
339
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ure********さん

2006/1/1911:10:30

宗派によって神棚の近くに飾ります。
最中の皮と同じ感じ(たべられます)
ミズキと言う木の枝に、半分になったクス球に水をつけてはさみこみました。
豊作、豊穣を祈る意味です。

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mar********さん

2006/1/1911:08:33

元々は餅です。恐らく五穀豊穣を祈るんじゃないでしょうか。中国等では、食物を自分達より恵まれない人に施す考え方もしますから、そんな意味も有ったのかな?

ody********さん

2006/1/1911:06:09

紅白の餅のイメージだったと思います。。。。。。。。。。。

tiy********さん

2006/1/1911:06:04

本来は団子状のものをさしていく「だんご
刺し」。幸せが鈴なりになるではないでしょうか。やったことは有ります。

ktv********さん

2006/1/1911:05:35

繭玉などといい(地域によって名前は違います)元々は餅で作りました。
豊作を祈る飾りです。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる