ここから本文です

喘息の治療について: アドバイスお願いいたします。 記憶がないほど小さいころ...

anmitsu_freakさん

2011/10/814:31:54

喘息の治療について:
アドバイスお願いいたします。
記憶がないほど小さいころに小児ぜんそくを患っていました。
20代半ばで喘息の発作が始まりました。

1.そのころは春だけで、それも海外に住んでいれば喘息にはならなかったです。

2.最近の傾向を振り返ると、1年に1回はひどい発作が起きています。
去年は過去の中で一番ひどく年末から1か月以上続き、咳で声も枯れてこのまま治らない?と思ったほどです。
その後、春にも小さい発作がありました。
以前、東京都に住んでいたころは喘息患者の証明書を持っていて喘息の医療費が割引になりました。
神奈川県に越したので今は返して証明書なしです。
2年間以上住めば申請する資格ができるそうです…地域によっては、引っ越し前の役所で証明書を貰っていれば住所変更して証明書を発行してくれる地域もありますか?

3.本当は、毎日吸引した方が良いと言われてますが薬代が馬鹿にならない(一か月分で6千円以上)ので花粉の時期と発作が起こりそうな時に吸引してます。
もし毎日吸引すれば、年に2,3回の発作は免れる可能性はあると思いますか?

4.喘息用の飲む薬って効くのですか?
3つの病院を過去に梯子しましたが、どこにいっても吸引する薬の方が効くと言います…
うまく吸えていないのか効きませんそれとも、予防薬なので日々吸わないといけないものだからでしょうか?

頓服や点滴が効かないのですが、体質的なものでしょうか?
→人によると普段は大丈夫でも一度発作が始まるとひどくなるタイプではないかと言われました。

5.もし喘息患者の証明書をもらうための申請書類をつくるとしたら、個人のクリニックと大きい病院のどちらかよいでしょうか?

閲覧数:
507
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2011/10/821:31:54

地域によっては、引っ越し前の役所で証明書を貰っていれば住所変更して証明書を発行してくれる地域もありますか?
⇒すみません、わかりません

もし毎日吸引すれば、年に2,3回の発作は免れる可能性はあると思いますか?
⇒発作の誘因にもよると思います。純粋に喘息が不安定となって大きな発作になるのであれば防げる可能性は非常に高いです。ただ風邪が誘因となって発作になるのであれば完全に防げないときもあります。それでも使用していれば症状を軽くできる可能性は高いですが。

予防薬なので日々吸わないといけないものだからでしょうか?
⇒その通りです。毎日使用して効果がある吸入薬ですので症状がでてきたような時や間欠的に使用しても効果は薄いです。ちなみに予防において内服薬は今は治療の主流からは外れており、あくまで補助薬といったものです。

頓服や点滴が効かないのですが、体質的なものでしょうか?
⇒人によって確かに効果は違いますが、普段しっかり治療されていないのも発作時の症状の強さに影響しているのではないでしょうか。

もし喘息患者の証明書をもらうための申請書類をつくるとしたら、個人のクリニックと大きい病院のどちらかよいでしょうか?
⇒慣れている医師であればどちらでもよいと思います。

質問した人からのコメント

2011/10/11 16:03:09

降参 アドバイスありがとうございます!
予防薬は頻繁に使用しようと思います!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。