ここから本文です

阿部定事件 定ではなく吉蔵の心理について 予審調書や定の供述した吉蔵の発言や態...

myn********さん

2011/10/1123:39:17

阿部定事件
定ではなく吉蔵の心理について 予審調書や定の供述した吉蔵の発言や態度を踏まえ、男性目線からはどう推測されますか? つまり定を本気で好きだったか、それともタイプの女と浮かれていたという感じでしょうか。
私は読んでいて、
家庭を捨てる気はないものの、それは体裁や金のため。調書を見る限り妻への情さえなさそうだし、実際妻子を置いて放蕩しているのだから、時代背景的にも定と大恋愛というのもおかしくない。
でもそれにしては定に対して定同様の執着はなさそうだし、根っからの道楽者である事を考えれば、女と堂々と家出したのも今に始まったことではないだろうから 定もその一人であって どの女にも定に対するように優しくする男だったのか? それが女の扱いのテクニックだったのか? いや…それにしては定にかなり尽くしているし… 死人に口なしではあるんですが、まったくわかりませんでした。
男性の皆さんからはどう思われますか?女性もお願いします

閲覧数:
5,046
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kon********さん

2011/10/1400:37:26

毎日同じ女とセックス三昧は幸福か?と聞かれたら倦怠感が残るだけでそうは思いませんね。定は徐々にサディスティクになっていく吉蔵とのセックスに満足してたようですが吉蔵の本心は今となっては本人にしかわかりません。むしろ定の性欲から逃げられなくなったのではないでしょうか。セックスの最中に腰紐で首を絞めて殺せとはある意味本心だったと思います。

質問した人からのコメント

2011/10/14 22:31:34

降参 皆さん本当にありがとうございました 一番早くに詳しく回答くださった方にベストアンサーを選ばせていただきます。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

非公開さん

2011/10/1402:32:00

私は、小さい頃、蜘蛛が苦手で、毎日、殺したり、潰したりしていました。しかし、最近は、自分に無害と分かり、殺さず、逃がす事を優先しています。でも、タランチュラなど、大きい蜘蛛は、私は、すぐさま逃げ出すと思います。
恋愛は、異性の全てを受け入れ、敵意と見なさな事が鉄則ですが、恋愛で凶器に走る人間は、強くなる事で、異性を支配し、優位に立つ事で、相手を可愛く思える様になります。
この事件は、さらっとしか分かりませんが、阿部定事件も似ていますが、吉蔵さん自体「好き」である以上に「害」と感じ、その害を殺す事で、自分も人を愛する事が出来ると確認したくて事件を起こした様に思えます。ベニスを切り取るというのは、男のシンボルであり、男の国旗の様な物です。その国旗を奪う事で強さを主張したんだと思います。愛=強さ=支配これが、究極と阿部定は考えていたんだと思います。
石田吉蔵さんは、その偏った愛情の方程式に一定の理解を示し、コントロールしているつもりだった思うのですが、定の異常な精神は、暴走するしかなかった!というのが、結論の様に思えます。もともと、愛の知らない定にとっと、吉蔵は、苦手の存在で、普段、男に支配されていた定と、女を支配している石田吉蔵が逆になる事で、愛を成立させようと思ったんだと思います。

アバター

ID非公開さん

2011/10/1401:29:44

同じような事をしていましたので
吉蔵の気持ちは何となく理解できます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる