ここから本文です

稲川淳二の「生き人形」について この怪談はどのような怪談なのでしょうか? あ...

龍星さん

2011/10/1300:39:45

稲川淳二の「生き人形」について
この怪談はどのような怪談なのでしょうか?
あとこの怪談は今もなお続いているのでしょうか?

閲覧数:
2,087
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yut********さん

編集あり2011/10/1316:58:39

私自身、この怪談を聞いてからオカルトの世界に浸り始めました。
1999年の公演のビデオを持っていますが、今聞いても薄気味悪いです。
ニコニコ動画などで検索したら、すべて聞けると思います。
そのほうが、もっとわかりやすいと思います。

この怪談は複雑なので簡単に答えられませんのでWikipediaより参考させて頂きました。
なお一番下の写真は、その人形です。

Wikipediaより

数ある稲川淳二の怪談の中でも群を抜いて長く、また現在も進行中という稲川の怪談の中でも異例のものである。稲川自身の著書で自分のお気に入り恐い話のランキング1位に挙げている。

ただし稲川がこの話をテレビ等ですると様々な怪奇現象が起きたことから、本人は今では口にしたくないと語っている。1999年のある講演では、「どこからが怪談で、どこからが現実なのかという話になってしまう」と語っている

ある日の深夜、稲川がラジオ番組の出演を終え同番組ディレクターとともにタクシーで家路に向かう途中、通りかかった高速道路で少女の人形のようなものを目撃する。

その後人形使い師で稲川の友人でもある前野という人物から新しく手に入れる人形を使って舞台をやるから座長として出てくれないかと誘いを受ける。

珍しい前野からの依頼ということもあり稲川は快諾する。しかし舞台で使うと紹介された人形が以前稲川が高速道路で見た少女とまったく同じ顔形であったことに気付き稲川は嫌な予感を覚える。

そしてその予感は的中し、人形を製作した製作師が行方不明となったり、台本作家宅が全焼したり、 前野の従兄弟が急死したりと嫌な出来事が続く。そんな中舞台は公演日を迎え上々の評判を得てテレビ出演もする。

しかしそんなある日の公演で、稲川は自分以外のすべての出演者やスタッフが怪我をしており、その怪我の場所が理由は違えど全員が同じ右手と右足であることに気付く。

更にその後稲川以外の出演者が全員倒れてしまい昼の公演開催が不可能となってしまう。その後稲川の発案でご利益があるという寺に行き関係者一同お払いをしてもらう。

その日の夜になると出演者の体調も回復し夜の公演が行なわれる事となる。しかしその公演中稲川は舞台上の人物が本来出演してる人数より一人多いことに気付く。

更に少女人形の右手が突然割れたり、動くはずの棺桶がビクともしなかったり、棺桶から用意していない霧が立ち込めてきたりと不可解な出来事が続き、最後には出演者のかつらに突然火が付くなどして続行は不可能となってしまい公演は中止となる。

しばらくして、稲川の元にこの公演で不吉な出来事が多発しているという事を知った大阪のテレビ局から、この話を紹介する番組を制作したいとの依頼が来る。

あまりの熱心な誘いに稲川は渋々承諾したのだが、その番組スタッフや出演者の身に数々の不可解な出来事が起こり、本番でも視聴者がはっきり分かる程の怪奇現象が起きる。更に人形使い前野の身にも世にも恐ろしい出来事が襲いかかる…。

Wikipediaはここまでです。

その後、前野氏は焼死します。その後、人形がいなくなり、今どこにあるのかわからないそうです。

この生き人形の話は、現在進行形です。

稲川氏が、あまり語らなくなったので、詳細は不明です。

私自身、この怪談を聞いてからオカルトの世界に浸り始めました。...

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる