ここから本文です

一年前追突事故に遭いました。割合は0-100です。 頚椎捻挫で半年通院し打ち...

rey********さん

2011/10/2304:15:13

一年前追突事故に遭いました。割合は0-100です。
頚椎捻挫で半年通院し打ち切りとなりました。
14級の認定がおり、やっと示談に入る予定です。
今でも痛みに苦しんでますし、車が大破するほどだったので以来、運転も怖くて出来ません。
精神的苦痛としての慰謝料はどの位が相当なのでしょうか。
よろしくお願いいたします。

閲覧数:
589
回答数:
3
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hir********さん

2011/10/2309:17:58

>精神的苦痛としての慰謝料はどの位が相当なのでしょうか。
答え 慰謝料の算出法として、自賠責基準、一括払い(任意)基準、弁護士(裁判)基準の3つの方法があります。
実通院日数が不明ですので、仮に90日の実通院日数と仮定します。
傷害についての慰謝料は、自賠責基準では、4200円×180日=75万6000円です。
一括払い(任意)基準では、62万7000円です。
弁護士(裁判)基準では、89万円です。

後遺障害の慰謝料は、自賠責基準では32万円です。
一括払い(任意)基準では40万円です。
弁護士基準では、110万円です。

参考意見
傷害の慰謝料については、自賠責にはトータル120万円の枠があります。
その枠を超過した場合は自賠責基準の適用は無くなります。
一括払い(任意)基準については、公表されていなく、各保険会社によって差異があります。
弁護士基準は保険会社がなかなか認めようとはしません。
その実現のためには、交通事故紛争処理センター等の利用をお勧めします。
慰謝料は、もともと精神的苦痛に対して支払われるものです。
上記回答には、休業損害、逸失利益は、考慮されていません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

jil********さん

2011/10/2308:15:27

精神的苦痛は事故に起因する事を証明する必要があります。
※日常生活に支障があり、心療内科に通院しているなど

慰謝料の増額は地裁基準で主張して間を取る形で交渉するか、交渉が難しいようなら「紛セン」を利用する方法もあります。


慰謝料の計算はこちら
http://www.asahi-net.or.jp/~zi3h-kwrz/law2consocalj.html

交通事故紛争処理センター
http://www.jcstad.or.jp/

ura********さん

2011/10/2306:05:54

後遺障害部分での慰謝料は、等級によって支払われる。

PTSDに該当しないような恐怖は、被害者意識の範疇なのでしょうか?

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる