ここから本文です

手ぶれ補正 レンズシフト方式 センサーシフト方式 どちらが補正効果高いですか

cha********さん

2011/10/2400:26:45

手ぶれ補正

レンズシフト方式 センサーシフト方式 どちらが補正効果高いですか

閲覧数:
1,595
回答数:
4
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

e_d********さん

2011/10/2411:50:30

現在の手ブレ補正性能のボトルネックは、主に振動ジャイロの
検出性能であり、どちら方向にどれだけ移動(ブレ)しているかを
高精度に検知できない点にあります。

手ブレ補正はブレの検出系と補正系の2つから成り立っており、
検出系の精度限界が現在の手ブレ補正の性能限界となっているんです。

レンズシフト式とセンサーシフト式は、補正系の違いですので、
結果的に補正性能に大きな違いはありません。

厳密なことを言えば、センサーシフト式は望遠になるほど移動量が
大きく高速になるため、それに追従するのが大変で僅かにレンズ
シフト式の方が有利だとされています。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

fun********さん

2011/10/2408:40:32

まぁどっちもどっちかな?
補正量は優劣付けがたいと思いますけど…

センサー式はレンズを選ばない。
光学式は補正されてるのがファインダーで確認出来るのがメリットだと思いますけど…
どちらにしても、あまり手ブレ軽減を過信しない方が良いと思います。

s20********さん

2011/10/2406:38:49

レンズ内に組み込まれている光学式の方が画質が低下しないで撮影できます

一眼レフでも光学式の方がファインダーを見て、ぶれないで撮れるメリットがあります

qwe********さん

2011/10/2402:38:56

レンズシフトにしても、センサーシフトにしても、どちらも光学シフトですので、効果的には同様だと思います。

素人考えでは、センサーを動かす方が、複雑な構造のレンズ(の一部)を動かすより簡単に思えますが、それは設計上の問題や、メカニカル機構によりますですので、単にどちらの方式の方が補正効果が高いという事は無いと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる