ここから本文です

音楽業界に詳しい方教えてください。 友達(男)は地元福岡の芸能事務所に所属して...

deb********さん

2011/10/2417:52:59

音楽業界に詳しい方教えてください。
友達(男)は地元福岡の芸能事務所に所属していて、CDデビューを控えていたりほんのちょい役ですが映画何本かに出演しています。 音楽業界のことを少なからず私より知っていますが、その彼曰く、売れる(レベルの)CD一枚出すにはすごく大金(彼曰く何千万~何億)がかかって、それを自分で支払わなければいけないと言ってました。でもそんなの無理だからスポンサー見つけたり、枕営業したりするみたいなこと言ってました。
たしかに枕営業とか少なからず芸能界にはあるでしょう。
でも私は、自主制作以外は事務所だったりレコード会社だったりが負担するもんだと思ってました。
彼もCDデビューする為に何百万か事務所に払ったらしいです。
私が疑問なのは事務所にそういうのを本当に払うのかです。
確かに映画出演やイベント出演など彼はいい仕事をとれるようになりました。
でも特別大きい仕事っていう訳でもなく、それを大金と引き換えに(今までで500万は使ったと言ってました)得るっていうのが事務所に不信感をもちます。一種のサギやマルチ商法に見えて仕方がないのです。実際彼は、世間ではあまり評判がよろしくない宗教やマルチをしたことがあります。
実際私もその芸能事務所の社長と会って話を聞いたことありますが、胡散臭いって思ってしまいました。
そこで質問ですが、CD出すのに駆け出しのミュージシャン達はかなりの大金を事務所に支払わなければいけないのですか?
また仕事得る為には事務所にお金を支払わなければいけないのですか?
釣りじゃないので回答よろしくお願いします!

閲覧数:
647
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kko********さん

編集あり2011/10/2610:23:59

メジャーのレコード業界で仕事をしているものです。
まず音楽業界とは何かと簡単に説明すると、ソフト業界であり、権利ビジネスという括りになります。
それを踏まえて理解していただきたいのですが、多くの人はそれを理解していないがため多くの間違いを犯します。

>売れる(レベルの)CD一枚出すにはすごく大金(彼曰く何千万~何億)がかかって、それを自分で支払わなければいけないと言ってました。でもそんなの無理だからスポンサー見つけたり、枕営業したりするみたいなこと言ってました。

メジャーではCDのお金はレーベル(レコード会社)が負担します。「負担する=レコードの権利をレーベルが得る」というルールです。アーティストが自分で負担するのであればそれはインディーズもしくはアーティストのプライベートレーベルとなります。

>たしかに枕営業とか少なからず芸能界にはあるでしょう。
>でも私は、自主制作以外は事務所だったりレコード会社だったりが負担するもんだと思ってました。

芸能界と音楽業界は正確には別のものです。枕営業は音楽業界そのものには馴染ません。
レコード制作費を個人負担しているのであれば、それはインディーズレーベルまたは自主制作であり、
このケースは芸能事務所に所属していて、レーベルに関してはどこかとインディーズ契約をするのか、まだしていないのかという状態でしょう。

>彼もCDデビューする為に何百万か事務所に払ったらしいです。
>私が疑問なのは事務所にそういうのを本当に払うのかです。

このお金の名目が重要となりますが、レコード制作費ということであればそのレコードの諸権利はその方が所有しており、
事務所は諸権利はいらないよと、代わりに制作手配するからお金だけくださいよと言っているわけです。
つまり法的にはそのレコードが売れても配当はいらないよという意味です(そこをさらに騙して横取りする詐欺が多いのですが)。

>それを大金と引き換えに(今までで500万は使ったと言ってました)得るっていうのが事務所に不信感をもちます。一種のサギや>マルチ商法に見えて仕方がないのです。

500万の内訳が重要ですが、レコード制作費だけで500万もあればメジャー並です。
インチキ芸能プロには詐欺が多いのでその可能性は非常に高いでしょう。

>そこで質問ですが、CD出すのに駆け出しのミュージシャン達はかなりの大金を事務所に支払わなければいけないのですか?

CDを出すのはレーベルの仕事であり、事務所の仕事ではありません。
インディーであればCDのお金は事務所に払うのではなく、自分でスタジオ手配などを行い制作するのが本来基本なのです。
または事務所側と共同で資金を持ち合い、共同でレコード権利も持ち合うという方法になります。

>また仕事得る為には事務所にお金を支払わなければいけないのですか?

払う必要はありません。許される名目は、本契約未満の新人などの場合(エージェント契約)に
登録料、資料制作費、スケジュール管理費、エージェント料などが稀に見かけられますが、せいぜい合わせて月1万円未満と思ってください。


少なくとも言える事は、その事務所はアーティストに投資するつもりは全く無いということです。
そういう契約相手をパートナーとして将来に夢を見てはいけないというのは確かでしょう。

その彼に対するアドバイスとしては事務所は基本的にはアーティストからお金を取ってはいけません。
(それが事務所系の養成所法人やスクールであれば別です。)
またレコード制作費用を要求されてもそれは仲介するだけの名目となります。
メジャーではアーティストに対して一定の投資実績が無い会社はマネージメント権も認められませんので、
その事務所と契約している状態ではメジャーレコード会社との契約も不可能となります。

これらを踏まえて、あとはその彼が自分の現状をどう理解できるかでしょう。

質問した人からのコメント

2011/10/30 21:51:13

驚く お二方ともご回答ありがとうございました。
インディーズとメジャーではやはり違うのですね。
お二方の意見を参考にちょっと彼にやんわりと言ってみようと思います。ありがとうございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

hel********さん

2011/10/2418:21:17

いわゆるメジャーな事務所である場合、そういったお金-「持ち出し」といいますが、これをミュージシャン・アーティストが負担することはあり得ません。そこを面倒見てくれるのが、「事務所の力」なんですね。いわゆる「先行投資」になります。その代わり、CDを作った時の原盤権などを事務所が持つようになります。
ただ現在のような不況の情勢で、「個人事務所」「小規模営業」なら、ミュージシャン・アーティストと二人三脚で、マネージャー・事務所・社長も持ち出しで活動することはあり得ます。それは「先行投資」よりもはるかにリスキー。ギャンブルのようなものでもあります。
その「彼」が、半年で500万円出したとします。ひと月だと、80万円強。社長と事務員の二人がいたら、各40万円。ソコにいろいろな事務費・営業費等の出費があるので・・・詐欺だとすると、とても非効率的ですよね。ひょっとしたら、社長のほうが持ち出し金額が多いかもしれません。
メジャーなところでも、モデル事務所などは、登録費や研修費を取る事務所もあります。仕事が入るまでは、「0」-収入ゼロどころか、マイナスばかりですし、必ずしもモノになるとは限りません。なのでこういった形態も「あり」なのはたしかです。
あとは本人達の考え方にもよります。「そうまで活動したいのか?」「その彼の将来性に希望があるのか?」。そのために持ち出しで活動している人が多数いるのもたしかです。ただ・・・
私はそういった状況になりそうな人に対しては「やめておいたほうが良いと思う」と言います。ギャンブルとしては、対価が大きすぎるような気がします。CDを作るのに昔なら1千万円程度かかるのは常識でしたが、今はそんなことをしなくても、売り出す方法はありますし、CDももっと安価に作れます。数年前にこういった話(同じような状況です)で、上京したい!って言ってる女性がいましたが、私は止めるほうの説得に回りました。その後、彼女が活動している話など、まったく聞きませんし・・・。
必ずしも「悪い」わけではありません。本人達の話し合いで納得しているなら、このやり方も「あり」です。でもそれなら、弱音を吐くべきでは無いですね。いくら使ったか?など、他人に話すようでは、不信感があるとしか思えません。絶対的な信頼関係にあるのなら、私はとめませんよ。でも・・・一般論とすれば・・・とめます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる