ここから本文です

後期高齢者、80歳以上が身体障害になった場合に何か特別な補償はありますか?

tak********さん

2011/10/2422:13:09

後期高齢者、80歳以上が身体障害になった場合に何か特別な補償はありますか?

88歳になる父が最近ほとんど耳が聞こえません。後期高齢者としては障害を持った場合には何か特別な補償と言いますか、
申請等が必要になるのでしょうか?

閲覧数:
6,419
回答数:
3
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tat********さん

2011/10/2500:18:22

介護保険のご利用になるかと思います。
65歳以上の方は、介護保険をご利用いただく制度になっております。

私は障害者の方の仕事をしている介護屋ですが…(本人も重度身体障害者です。起因疾患が、先天性の心臓のパーツ欠損の悪化。人工パーツを心臓に埋めています。)

職歴の中で、介護保険をご利用で、障害者手帳はお持ちでない、重度の脳性まひの高齢者の方がおいでになりました。

昭和7年のお生まれと記憶しております。

昔は制度がまともになかったので、御若いころも障害者手帳等の制度は無かったか、お考えがあって、御使いにならなかったか…

私が仕事をさせていただいた時には、70歳を超えておられました。
介護保険と生活保護をお使いになって、生活を立てておられました。(寝たきりの方でした。65歳くらいまでは電動車いすで、外出されていたそうです。)

障害者手帳そのものは取るのは出来たように思いますが…(曖昧で済みません。)交通機関の割引とかそういう感じのサービスが受けられる程度になってしまうと思います。

高齢者福祉課でご相談と同時に、気になられるようでしたら、曖昧で申し訳ありませんが、ついでに障害者福祉課も覗いてみてご覧になってはいかがでしょうか。

多分、高齢者としてのサービス受給に、聴覚に著しい障害の状態がある と認識して貰っての、サービス受給が出来ると思います。

障害者年金には年齢制限がありまして、残念ながら、お父さまの御年齢は、規定年齢をお過ぎになっておられます。(65歳以下です。現在は。)

手帳が取れて、手帳に寄るサービスに、介護保険では受けられない利益があれば、手帳を取る事は構わないのですが…(手帳の交付には所定の書式の申請が必要です。医師の診断書部分がありますから、若干費用もかかります。認定されるか判るまでにしばらく時間もかかります。)

後期高齢者の御年齢とか。基本的には、介護保険のご利用が充実しているように感じます。

是非、自治体にご相談下さい。良いサービスをお使いになられ、充実した人生を送られますように…

質問した人からのコメント

2011/10/25 07:00:50

降参 皆様の適切なアドバイス、参考にいたします。有難うございました。
追伸:難聴の原因は今で言う薬害と思われます。昔のことですから・・・

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

nao********さん

2011/10/2500:13:14

ちょっと日本語間違ってません?
「補償」って不利益を金銭で償ってもらうことですよ!
国の過失によって障害者になったならまだしも、加齢による聴力の衰えに対する「補償」はないです。
あるとすれば、介護保険による各種のサービスでしょう。

jqd********さん

2011/10/2422:23:42

要介護認定の申請をして、介護保険サービスを受けるのが、最もポピュラーかと思います。

補聴器が必要であれば、耳鼻科などの専門の医師の診断を受け、医師の指示に従い手続きすると良いでしょう。

あとは、地域包括支援センターの、高齢者相談窓口などで、お尋ね下さい。

参考になれば…。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる