ここから本文です

1はハロゲン化合物の求核置換反応において反応しにくいのに対し2が反応しやすいの...

dor********さん

2011/10/3021:44:25

1はハロゲン化合物の求核置換反応において反応しにくいのに対し2が反応しやすいのは何故ですか?

求核置換反応,ハロゲン化合物,ブロモ,ニトロ基,電子求引基,ベンゼン間上

閲覧数:
261
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jac********さん

編集あり2011/11/108:41:29

2番のニトロ基は電子求引基なのでベンゼン間上のπ電子が共鳴し、
ブロモの付いているC上の電子が少なくなるため脱離しやすく求核置換反応がおこりやすいのです。

質問した人からのコメント

2011/11/6 10:58:07

ありがとうございました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる