ここから本文です

休業開始時賃金月額証明書の記入方法を教えてください。(育児) 出産日:9月17...

jinbu30さん

2011/10/3116:38:37

休業開始時賃金月額証明書の記入方法を教えてください。(育児)

出産日:9月17日
産後休暇:9月18日~11月12日
育児休暇:11月13~4月20日(予定)

休業等を開始した日前の賃金支払状況等の記入方法についてイマイチ理解できていません。
素人なもので詳しく丁寧にお教え頂けると幸いです。
よろしくお願いします。

閲覧数:
92,668
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2011/11/110:36:35

まず育児休業の取得要件として、
→育児休暇開始日の前2年間に、賃金支払い基礎日数11日以上の月が 12ヶ月以上あること。

そして、給付金の額を算定するにあたり
→育児休業開始日前の、11日以上働いた直近の6ヶ月分の給料(手当て含む)を合計して180日で割った金額が1日あたりの給付金の額になります。

まずは、上記のことを証明するために作成するものだと理解してください。

------------------------------
一番左側から、
⑦休業等を開始した日の前日に離職したとみなした場合の被保険者期間算定対象期間

→休業等を開始した日の前日は、「11月12日」。この日に離職をしたと仮定して1カ月毎に区切っていきます。

休業等を開始した日:11月13日
10月13日~休業等を開始した日の前日
09月13日~10月12日
08月13日~09月12日

以降、1年4か月くらい遡っていく
(⑧の行と同じ行数)

------------------------------

⑧⑦の期間における賃金支払基礎日数
11月13日前のタイムカードを1年半分位用意して、⑦の期間ごとに出勤日数を数えていってください。
時給者なら単純に出勤日数ですが、月給者の場合は暦数の場合もあります(土日に対する給与も払われているため)
なお、産前休暇に入ってから給与の支払いが無い(出勤してない)場合は、0になります。(おそらく、だいたい上3行くらいは0になると思います)
ずっと遡って記入して、11日以上ある月が12カ月以上になるまで記入してください。
------------------------------

⑨賃金支払対象期間
ここには給与の締めにあわせて記入します。
例えば、月末締めの給与の場合、
11月1日~休業等を開始した日の前日
10月1日~10月31日
09月1日~09月30日

以降、10か月くらい遡っていく
(⑨~⑪は給付額を算出するためなので、支払い基礎日数が11日以上ある月の直近から6カ月あればよい)
------------------------------

⑩⑨の基礎日数
賃金台帳を見ながら出勤日数を記入する。
(考え方は⑧と同じ)

------------------------------

⑪賃金額
月給制ならA欄、時給制ならB欄へ記入
賃金台帳を見ながら月別の給与額(総支給額)を記入する。
例えば6カ月分の定期代の交通費を払っているなら6等分した月額分をそれぞれ加算してください。

------------------------------

⑫備考欄
上の3行くらいは産休でゼロになっていれば、「産前産後休業のため賃金支払い無」等の記載をいれます。

------------------------------

⑬以降は無記入でも可

質問した人からのコメント

2011/11/2 14:40:49

非常によくわかりました。
ありがとうございます。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。