ここから本文です

八は昔の時刻の名。今の午前2時および午後2時ごろ。ということは0は12時でいいん...

tak********さん

2011/11/405:52:48

八は昔の時刻の名。今の午前2時および午後2時ごろ。ということは0は12時でいいんでしょうか?

閲覧数:
2,880
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

nid********さん

2011/11/407:26:18

江戸時代の時間

日の出と日没の時間を基準に一日を12刻に分けた不定時法でした。

日の出から日没を六等分するのが昼の一刻、日没から日の出を六等分するのが夜の一刻。。

春・秋分の日はちょうど一刻が2時間となります。
これに比べ、夏は昼の一刻が長く、夜の一刻が短い(短夜という)。冬は昼の一刻が短く、夜の一刻が長くなります。

現代時間-江戸時間対照表(春・秋分の日)

午前 午後

0時-夜九ツ(子ノ刻)

1時-九ツ半

2時-夜八ツ(丑ノ刻)

3時-八ツ半

4時-暁七ツ(寅ノ刻)

5時-七ツ半

6時-明け六ツ(卯ノ刻)*日の出の30分前

7時-六ツ半

8時-朝五ツ(辰ノ刻)

9時-五ツ半

10時-昼四ツ(巳ノ刻)
11時-四ツ半

12時-昼九ツ(午ノ刻)
13時-九ツ半

14時-昼八ツ(未ノ刻)
15時-八ツ半

16時-夕七ツ(申ノ刻)
17時-七ツ半

18時-暮れ六ツ(酉ノ刻)*日没の30分前

19時-六ツ半

20時-宵五ツ(戌ノ刻)
21時-五ツ半

22時-夜四ツ(亥ノ刻)
23時-四ツ半

参考:『大江戸ものしり図鑑』

質問した人からのコメント

2011/11/4 16:20:36

ありがとう

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる