ここから本文です

リンゴが変色するのを防ぐ為には、塩水やレモンをかけると良いといわれますが、な...

fly********さん

2006/2/1419:09:28

リンゴが変色するのを防ぐ為には、塩水やレモンをかけると良いといわれますが、なぜこれらをかけると変色が起こらないのでしょうか?
酸化を防ぐ化学反応が起こっているのだろうと思いますが、具体的にどうなっているのか分かりません。
教えてもらえませんか?

閲覧数:
5,831
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fur********さん

2006/2/1421:26:12

褐変はリンゴに含まれるポリフェノールオキジダーゼという酵素が
空気中の酸素とふれあうことで酸化反応を起こします。
そのときメラニンという褐色の色素ができて褐変が起こります。
(人が日焼けして茶色くなるのもメラニンのせいなんですよ)

これを抑えるためには
・酸化反応をくい止める(阻害する)ものにつける
・空気中の酸素とふれあわないようにする
この2つが大きなポイントとなります。

酸化反応を阻害するものの代表例がレモン汁に含まれるビタミンCです。
このビタミンCはリンゴの酵素が酸素と反応するより先に自分が酸素と反応して
リンゴの褐変をくい止めてくれます。

食塩水の場合は0.85%位の濃度にし、約15分つけると変色を防げます。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

pre********さん

編集あり2006/2/1419:27:29

リンゴはリンゴに含まれるポリフェノールオキジダーゼという酵素が空気中の
酸素とふれあうことで酸化反応を起こす、つまり、茶色く変色してしまいます。
ですから、他のものがリンゴの代わりに酸化されれば良いのです。

そこで、リンゴのポリフェノールオキジダーゼより酸化しやすいビタミンCを
多く含むもので、身近にある「レモン汁」をつけることで酸化を防げるのです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる