ここから本文です

原子力発電所についてのディベート(原発肯定)

ryu********さん

2011/11/601:39:45

原子力発電所についてのディベート(原発肯定)

今度、学校の授業で「原子力発電所は必要か?」と言う議題でディベートの大会をすることになりました。
僕は肯定側「原発は必要である」になったのですが
今、この状況での原発肯定はすごく難しいような気がしています
なので何かディベート大会に向けてのアドバイスアドバイスをいただきたいです!

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
21,606
回答数:
10
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

min********さん

リクエストマッチ

2011/11/613:25:34

こんにちは。


>「原子力発電所は必要か?」と言う議題でディベート
>僕は肯定側「原発は必要である」になったのですが


たぶん、ディベートの争点は次の3点がポイントになると考えます。

(1)代替電力と原発との違い:原子力発電にかわる代替電力の弱点を突く。
(2)代替電力のデメリット:原子力発電のデメリットを攻められた場合、代替電力にもデメリットがあることを主張する。
(3)原発の安全対策:原発だけが危険ではない、原発の安全性を高める余地はある、何であれリスクはあることを主張する。


(1)代替電力と原発との違い

まず、代替電力を何と仮定するかによって答えが変わります。

代替電力を火力発電とするなら、発電量の違いは無いです。同じ発電容量の火力発電所は今の技術で作れます。

代替電力を、これ以上火力発電を増やさないという前提で考えるなら、水力、太陽光、風力、波力、潮力、地熱など、いわゆる自然エネルギー(再生可能エネルギー)が代替電力となります。これらの自然エネルギーは、今現在の技術では、発電効率がまだ低いため、単位面積当たりの発電量が小さすぎて、日本のような小さな島国では、原発の代替電力としては明らかに発電量が不足します。

将来、自然エネルギーの技術が発達し、発電効率を高めることができれば、原発の代替電力になれる可能性は高いですが、数十年後の話です。


(2)代替電力のデメリット

代替電力を火力発電とするなら、CO2を排出することと、燃料のほとんどを輸入に頼っており、国際市場での価格の変動や、国際的な政治情勢などの不確定要因に燃料費を左右されるため、電気料金が不安定になることがデメリットです。産業の生産活動には電力が不可欠ですが、その料金が不安定ということは作る製品のコストが不安定となり、計画的な生産が出来なくなり、国際競争力を失います。
代替電力を自然エネルギーとするなら、今の時点では原発の発電量に全然足りないので、生産活動に使う電力が確保できなくなり、日本国内での生産活動は縮小されることがデメリットです。
上記の2つ、いずれにしても工場などが海外へ移転し、日本国内は失業者が増え、貧困国になります。

また、自然エネルギーによる発電は、どんな方式であれ「地球の自然環境という巨大で複雑なシステムの中でうまくバランスを取って流れている自然エネルギーを、人間が横取りして発電する」ということになります。小規模なうちは大きな影響がなくても、原発の代替エネルギーとなるほどの規模に大きくすると、地球の自然環境に「想定外の」影響を与え、自然環境システムを狂わせることにより、様々な弊害を生むデメリットも予想されます。例えば気象現象が変化する→生態系のバランスが崩れる→有害な動物や昆虫や植物が異常に大量発生する、あるいは今までいなかった新種の病原菌や病原性ウィルスが生まれ、世界中に治療できない伝染病が大流行し、数千万人~数億人という規模の多くの犠牲者が出る恐れもあります。


(3)原発の安全対策

今回の福島第一原発の事故を教訓として、地震や津波など、天然災害(天災)に対する原発の安全対策を早急に強化する必要が有ります。また、安全対策を施しても十分に安全とは言えない極端に老朽化した古い原発は出来るだけ早く、事故を起こす前に廃炉にすべきです。そのためにも、新規の原発(安全性を極限まで高めた)を建設すべきです。
なお、安全対策に100%は有り得ません。原発に限らず、人間が作るものに「絶対」「完全」「完璧」は有り得ません。神様ではないのですから。原発の安全性には「現時点で可能な限りの」最善を尽くすべきですが、事故のリスクはゼロには出来ません。残ったリスクは「豊富で安定した電力を利用するために受け入れられる合理的なリスク」と考え、割り切る必要が有ります。

以上、原発肯定の立場で考えてみました。
質問者さんのご参考になれば幸いです。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/9件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

t74********さん

2011/11/1201:02:26

今日ですね、その内容でディベートしたものです。英語で自分の思ったことが言えずに結局負けてしまいましたが、参考程度に僕の意見を。

僕は原発反対派でディベートをして負けてしまったのですが……どうでしょう……。
敗因は確かに明らかに僕の力不足というのもあったのですが、今の時点でとか関係なく、両方の意見が考えられるので不利だとは思いません。

問題はどうやって相手を言い負かすかです。

日本語でディベートするのなら何でもいいので思ったことをどんどん言っていけばいいのではないでしょうか。内容ではありません、相手に話す隙を与えなければいいのです。難しい資料など必要ないそうです、ほんとに勢いとの戦いw

英語の場合はもう難しいことは何も言わない方がいいようです。イライラしましたが、もし黒板などが使えるのであれば、円を書いて今の日本の電力が何からできているか(いったい何発電でできているのか)を簡単にグラフにして「もし原発使わへんようになったらこれだけで自給せなあかんのんよ~」とか言いながら原子力発電で供給されている電力分を消せばいいのです。これも立派なパフォーマンスだそうです。日本語でも使えますし。

相手の意見を聞いておかしいと思ったらすぐに何でも言えばいいのです。

頑張ってください!

col********さん

2011/11/1122:43:52

事故が起こる前の原発のメリットを調べればいいのでは。

此度はたまたま事故が起きましたが、デメリットは何にでもあります。
原子力発電をやめたとして・・・を追求するのもいいでしょう。

東京都世田谷区などで高線量のラジウム226が見つかってますが、
何十年生活しててもピンピンしています。

東海村の事故のように、一度に細胞が破壊されたら死に至るでしょうが、
人間には自己治癒能力があります。

少しずつ壊れた細胞も、少しずつ再生します。
治療にも利用されてますし、健康にいいと温泉にも使われています。

一部の専門家といわれる人の話を信用して騒ぐのではなく、
冷静に対応するべきです。

kya********さん

2011/11/909:45:36

「火」ってありますよね、凄く危険で火事を起こす原因で歴史的に多くの人が死んで来ています。
関東大震災でも火事で13万人が亡くなられたと言われています。
東日本大震災で原発事故が起こっても原子力でまだ死んだ人はいません。

車もそうです。
人間に制御出来るものではなく、毎年何万人も事故で亡くなってます。

火も車も制御出来ないのに使い続けています。
原子力も制御出来ないものであるけど、使い続けることに安全性だけが問題になるのは少しおかしい気がしてます。
火も車も制御出来ないのに制御しようと努力し続けています。
原子力も制御出来るように努力し続けるのが人間というのももように思います。


日本は特に石油の輸入を止められて太平洋戦争を起こしたのに、今また石油に頼る火力発電に戻るのもおかしいです。

今回の原発事故も未曾有の地震にも関わらず地震では壊れなかったと聞いています。
津波がなければ何もなってなかったはずです。

問題になるのは立地で、原発の有無ではないという話もありだと思います。

必要か必要でないかは他の人がいっぱい書いてくれていたので、違う視点から書いてみました。
納得できそうなとこがあったら、ディベートに使って見て下さい。

tzt********さん

編集あり2011/11/1106:37:00

卑しい推進派がしているように陰でお金を渡すんです。
卑しい輩はすぐに肯定派に寝返ります。

god********さん

2011/11/610:03:55

アピールすべき所。
1. 地球温暖化対策
2. 化石燃料の枯渇。
3. 約40年前に作られた福島第一原発からの技術革新

攻撃を受ける所
1. 高レベル放射性廃棄物の最終処分場が無い。
2. 核燃料サイクルの破綻による使用済み燃料のプール内蓄積による危険性
3. 地震津波頻発地域における建設の危険性

健闘を祈ります。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる