ここから本文です

酔ってるか酔ってないか分かりません。お酒を飲んだ時、喉や胃が熱くなって、20~3...

coo********さん

2011/11/1220:15:10

酔ってるか酔ってないか分かりません。お酒を飲んだ時、喉や胃が熱くなって、20~30分経つと、顔や全体にぽかぽかして眠い感じがしますが、顔は赤くないし、 普通に歩けるし、どうなのですか?

閲覧数:
2,168
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sam********さん

2011/11/1220:32:59

酒酔い

「酒酔い」には、アルコールに含まれるエチルアルコールが脳の機能を抑制する事によって引き起こされる酒酔いと、体内でのアルコール代謝の中間生成物であるアセトアルデヒドの作用によって引き起こされる酒酔いとの二種類がある。

1. エチルアルコールの作用による酒酔い飲酒によってエチルアルコールを摂取すると、摂取した量に応じ脳の麻痺(抑制)が起こり、酒酔いとなる。脳の麻痺はまず大脳の高位機能の麻痺から始まるため判断力、集中力、抑止力等が低下する。その結果、脳の低位機能(いわゆる本能的と呼ばれる機能)が表層化する事により、軽い興奮状態となり、気が大きくなったり、気分が良くなったりする酒酔い状態となる。

2. アセトアルデヒドの作用による酒酔い体内でアルコールを分解する際に生成されるアセトアルデヒドは有毒物質である。これが血中に蓄積されると心拍数の増加、嘔吐、皮膚の紅潮などの状態が引き起こされ、酔った状態となる。このアセトアルデヒドによる酔いは、前者の酒酔いとは別の症状であり、アセトアルデヒド脱水素酵素の活性型により、この症状が表れる人間と表れない人間が存在する。また、アセトアルデヒドは二日酔いの原因物質である。

注意
前述のように、アセトアルデヒドの作用による酒酔いは、症状が表れる人間と表れない人間がいる。そのためこの症状が表れない人間は「自分はお酒に強い」と考えがちであるが、実際は「1.」のエチルアルコールの作用による酔い(つまり脳の麻痺を引き起こす酔い)と、この症状が表れる酔いは、全く関係が無く注意が必要である。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

har********さん

2011/11/1220:45:01

酔ってるか、酔ってないか分からない時点で

酔ってます


お酒を飲み、飲んで無い普段の時と違う状態になる

それが、酔うという事です


喉や胃が熱くなるのは、液体の中で唯一アルコールだけが食道からも吸収されるからです


20~30分経つと、顔や全体にぽかぽかして眠い感じがします

これは、ほろ酔いの状態です


質問者さまより弱い人や、たくさん飲むと、「酩酊」や「酔っ払う」

状態になります

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる