ここから本文です

火山活動による土地の変化のことで教えて下さい!

もっちゃんさん

2011/11/1320:08:40

火山活動による土地の変化のことで教えて下さい!

理科でこのことについて調べていたんですけど、あまりいいのがみつからなかったのでなにかいいのがあるなら教えて下さい!
火山活動の名前といつに噴火が起きたかもなるべく教えて下さい!なるべく小学生らしい答えになるようにお願いします!

閲覧数:
21,919
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fir********さん

2011/11/1416:46:20

まず、地震による土地の変化は主に以下の4種類があります。
① 直下型地震の断層上の地盤変化
直下型地震は、陸にある活断層の急激な動きにより発生します。
直下型地震の発生した地域のまさにその断層上では、平面的に地面がずれたり、また段差は線状に発生します。
あと、土地が盛り上がる・道路や線路が曲がったりします。
阪神淡路の震災、新潟県中越地震でも確認されています。
② 海洋型地震(プレート地震)
日本の太平洋沖合いでは、海底地盤が沈み込む部分があります。
日本全体が引きずり込まれるような動きです。
引きずり込まれが限界に達しって、ポン!と跳ね上がると地震が起こります。
当然、跳ね上がりますから、広域な地盤隆起が観測されます。
③ 山崩れ、斜面崩壊など
先の山形の地震でも見られたように、地震により大きな地滑りが起き、地形が変状します。
④ 液状化
液状化とは、地下水を含んだ砂地盤が地震によりユサユサ揺すられることにより圧力を受けた液体ような状態となる現象です。
それが、地上に噴出してきます。
噴出したところには砂の小山が、周辺は地盤沈下します。また、液状化を起こした地盤が斜面だと斜面全体が流され移動しょたよいうな現象も発生します。

大きく分けると以下のようになります。
地割れ→文字通り地面が割れ、亀裂が入った状態になります。
隆起→地面が盛り上がります。。。極端な場合は突然崖ができたような感じになります。
沈降→隆起の反対で、地面が落ちます。
褶曲→地面に強力な力が加わり、ゆがみます。
断層→地面に強力な力が加わり、ズレます。。。地割れを引き起こす場合もあります。
液状化現象→地震による揺れにより、その名の通り地面が液体のようにドロドロになったり、時には噴水のように水を吹きあげたりしますが、地震後は次第に水は引いていき地面は元に戻りますが、これにより上に建っている構造物が傾いたり倒れたりすることがあります。また、基礎構造が破壊されることもあります。新潟地震で初めて観測されました。阪神大震災においても、ポートアイランドや神戸港など海岸沿いの埋め立て地などを中心に被害が確認されました。
側方流動→山の斜面などを切り盛りして造成された土地の盛土にあたる部分の地盤が、その名の通り、横に流れます。これにより、上に建っている構造物が傾いたり倒れたりします。中越地震、中越沖地震において、新潟県柏崎市内の比較的新しい宅地造成地でも被害が発生しました。
地すべり→地震がなくても起こる時には起こりますが、地すべり危険地帯において、地震による揺れに誘発され、地すべり面から上の地盤が地すべり面で滑り、土砂崩れのような状態になります。中越沖地震で新潟県柏崎市で発生しています。
斜面崩壊(がけ崩れ)→地震による揺れにより斜面崩壊が発生します。中越地震で旧山古志村の芋川がせき止められてダム湖が出来、決壊して水や土砂が下流を直撃する危険性があったため、全村民が避難をされました。結局、水抜き工事が成功し、ダム湖決壊の前に水を抜くことが出来ましたが、中国の地震ではこれができず、下流を土砂が襲い、多くの犠牲者が出ました。また台湾の集々地震では、山が崩れ、その土砂で村の殆どが埋まったという報告もあります。

また、以下のサイトも参考にしてください。
http://gakuen.gifu-net.ed.jp/~contents/syou_rika/earthquake/index.h...

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ビギナーさん

2011/11/1323:44:57

ビギナーです(`●∀・)クスクス

小学生らしい答えになるように答えますね。

えー!われわれー日本火山研究部ではー今の時代ーテレビゲームやーカラオケー映画といったようなー
インドア的な遊びが流行ってる中でー火山の活動を具体的に紹介することでー
多くの人にー火山についての理解を深めてもらいたいと思っておりますー

ビギナーでしたぁ(∩∀^)

m08********さん

2011/11/1322:20:31

富士山の貞観噴火なんかは面白いですよ。

西暦864年〜866年にかけて起きた噴火です。

富士山の北東山麓で火口が開き、3年掛けて東京ドーム1100杯分の溶岩を流出しました。
森と村を焼き尽くし、当時100mほどの水深があった「せの海」という湖の大半を溶岩で埋めてしまった。

そこに出来たのが青木ヶ原。
最初は永遠と溶岩が連続する景色だったが、1200年の時を経て植物が回復した。
木が海のように広がっていることから樹海と呼ばれている。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる