ここから本文です

マンションの一部共用部分であるか否かの判定は・・・ 一部共用部分であるか否...

rrr********さん

2011/11/1716:21:16

マンションの一部共用部分であるか否かの判定は・・・

一部共用部分であるか否かは建物の保全に必要な費用負担とどの程度かかわりがありますか?

補足一部共用部分であるか否かは、分譲当初から定められているものですか?

その定めは構造上から判断したものでしょうか?

閲覧数:
192
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

clubmanriderさん

編集あり2011/11/2114:42:50

保全費用は建物(マンション全体?)とは切り離して、当事者(一部共用部分管理組合)だけで負担していただくことにはなります。
もしそれができないのであれば、一部共用部分にすること自体に問題がありそうです。たとえば、エレベーターは1階の区分所有者には無用だから共有関係から除外せよというようなものです。
こんな答えでよろしかったでしょうか。


補足への補足:
「一部共用部分」に関する条文は旧法(昭和58年改正以前)の概念(既存物件)を包括継承するためのもののようで、現在では専用使用部分とか複合用途型標準管理規約に吸収されており、最近の物件ではそれにぴったり該当するような物件は見当たりません(勉強不足だったらごめんなさい)。
考え方としては共用部分の管理は区分所有者全員で管理することが望ましいという方向が示されていますから、当然のことだと思います。
したがって構造上どうしてもこの判定から逃れられない(当事者以外は負担を了承しない)ものは「規約で」そのように定めることになります。
該当物件が歴史的建造物に類するものですから、分譲当初というよりも現行法律ができたときにそのように認定できるとしたものだと思います。

何にお困りなのか不明なので、この程度の答えになってしまいました。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる