ここから本文です

神社の木の伐採について

yuy********さん

2011/11/2719:15:27

神社の木の伐採について

天災被害予防のため、神主、氏子にて神社の杉の木を伐採することに決めました。
しかし、氏子の内の1名が「自分の先祖が植えたものだから反対、切ったら裁判に持ち込んでやる」と言います。
神社は民家と隣接しており、天災にて杉の木が折れてしまえば民家に被害が出ることは明白です。

このような場合の過去の判決はどのようになっていますか。

閲覧数:
3,702
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cha********さん

2011/12/321:47:14

裁判とは無関係ですが、
神社の木というのは1本1本、いわれがあります。
切るのならそれなりに根回しも必要です。
切るという結論を出す前に、植樹の言われをつきとめて、
ちゃんと根回しすれば、こんなことにはならないと思います。
どうしたら良いのか、その氏子さんを交えて話をしなかったことが問題です。
基本は残すこと。どうしてもそれができない事を氏子にわかってもらってから
切るという結論はその氏子さんの口から言わせる。
神社経営とは、それくらいむずかしいです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kai********さん

2011/11/2801:58:16

その神社の木は神社の土地上にあるのですよね?

もしその木が本当にその方の先祖が植えたものであったとしても、それを「法律上」他人に対して主張するには「明認方法」という対抗要件を備えなければなりません。具体的には、木に名前を彫ったり、囲いを作って名前札を建てたりと。

なので「法律上」はその木はもはや土地に附合しているものとして、土地の一部として扱われます。となると、その処分は神社(神主)が自由にしていい事になります。

なので、裁判に持ち込んだとしても余程の事がない限りその方は負けると思います。

ミッキーさん

2011/11/2719:29:46

裁判は、法律を使って解決できる問題しか対応しません。

却下判決がオチですか・・・

ただ、その木が原因で損害が出た場合は、

不法行為となり損害賠償をとわれますよ。

その氏子さんが反対なら、念書を入れてもらったら如何ですか。

「今後伐採しなかった木が、人やモノに損害を与えた場合、

樹木の伐採を先祖のために反対した自分(00)が一切の責任、損害を補償する。」

その人、個人が保証するのが当然と思いますが・・・

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる