ここから本文です

法律的に「内縁関係」って、どういう定義ですか?。 同棲したら、それはその...

yur********さん

2011/12/101:13:43

法律的に「内縁関係」って、どういう定義ですか?。


同棲したら、それはその日から内縁関係ですか? 。それとも、1年とか2年とか、何か同棲している日数の定義があるのですか?。

それとも、同棲と内縁関係は別のことですか?。

閲覧数:
30,715
回答数:
5
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kmf********さん

2011/12/101:18:46

内縁とは 法律には内縁関係の定義がありませんが、次のように解釈されています。
婚姻の意思と共同生活(同棲)の実態がありながら、婚姻届を出していない 状況を内縁関係といいます。
例えば、相続の割合が下がる子供から反対されているとか、働いている間は、夫婦別姓を維持したい等の事情があり婚姻届を出していないため、法律上は夫婦とは扱われないでいる場合です。

男女が同棲しているからといって、内縁の妻(夫)と判断されるわけではありません。
ただの同居人と解釈されることもあります。
逆に、夫婦別姓のために、婚姻届をださない夫婦は、住民票上は、「未届の妻」と記載することが多いようです。
このケースの場合は、比較的、内縁関係の証明がしやすいと思われます。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「内縁関係とは」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

cop********さん

2011/12/323:41:24

実社会上は夫婦として生活して行く意思が双方にあるものの、婚姻の届出意思がない場合が内縁です。
同棲は一緒に暮らしていれば当てはまります。

xan********さん

2011/12/101:23:33

法律で内縁関係を定義していないと思いますが…

一般的には同一生計で住民票の登録住所が同一の男女です。

もしされているとしたら1年以内に婚姻が決まっている男女でしょうか

法律上、内縁関係は効力がないので例えばどちらかが亡くなった場合に遺産相続はできません。

金融機関も内縁関係の男女だと代理人とは認めず一切の取引はできません。

fuk********さん

2011/12/101:19:02

内縁関係というのは、結婚の意志が双方にあり、夫婦同然の生活をしている男女関係を言います。

同棲とは夫婦同然でも結婚する意志がない場合を言います。

結婚していない内縁、同棲では、法律の保護をうけることは原則としてできません。

ただし、内縁関係については、婚姻に準じる関係として、一定の法的保護が与えられています。夫婦の貞操義務、同居義務、協力義務、扶助義務、婚姻費用分担義務などの規定が適用されます。内縁の妻でも内縁関係を不当に破棄した相手に対して慰謝料の請求が認められています。財産分与についても、損害を補填するという理由で、請求が認められています。

内縁関係にあった男女のどちらかが、相手の同意なくして内縁関係を不当に破棄し、事実上の結婚生活が解消されてしまう場合を「内縁の不当破棄」といいます。

基本的に法的の婚姻関係ではありませんので、内縁関係の解消を拒否して争ったとしてもあまり意味のあることではありません。

相手の不貞行為に対しては、内縁関係といえども事実上の結婚生活を営んでいるわけですから互いに貞操義務を負っていると考えるべきです。不貞によって内縁関係を解消させた場合には、損害賠償を請求できます。

また、内縁関係に干渉して、これを破綻させた第三者は、損害賠償の義務を負うことが認められています。

内縁を解消するにあたって、責任が一方のみにある場合には、相手方に対して慰謝料の請求ができます。


2人で築いた共有財産がある場合には、内縁の解消により財産分与の対象になります。基本的には夫婦関係に準じて考えることになっています。当事者で話し合いがつかない場合には、内縁関係での財産分与請求の調停または内縁関係での財産分与請求の審判を申し立てることができます。

内縁関係はあくまで法的な婚姻関係ではありませんので、内縁の妻は内縁の夫の相続人にはなれません。

子どもは認知されている場合のみ遺産を相続できます。

内縁関係にあった夫が突然死亡し、2人で築いた財産がすべて夫名義だった場合はどうしたらいいのでしょうか。裁判所は、「死亡による内縁共同体の解消に基づく財産分与は可能」(大阪家庭裁判所平成1.7.31)であるとして、内縁の妻は夫の相続人に対して財産分与を請求できることを認めています。

法的な婚姻関係ではないため、子どもは母親の戸籍に入りますので、親権については母親の単独親権になります。父親が認知したとしても法的な結婚をしていませんので、その子どもが父親の戸籍に入ることはありません。

内縁関係が解消された場合でも、子どもの戸籍に変化はなく、引き続き母親が単独で親権者となります。

母親から父親に対して、養育費の請求ができます。

父親が認知していれば問題はありませんが、認知していない場合には、父子関係を証明するのが大変困難です。

内縁関係にあっても、あらかじめ父親に子どもの認知を求めておくべきです。父親が認知しない場合には、裁判所にこれを請求することもできます。

重婚的内縁(夫婦の一方が他の異性と内縁関係を結んだ場合)

戸籍上の妻あるいは夫がいるのに、他の異性と結婚の意志をもって同棲生活を送る内縁関係を重婚的内縁といいます。

夫が不倫相手と内縁関係を結び不倫相手が妻子があることを知っていた場合には、妻は不倫相手に情交関係をやめるよう請求できるのはもちろん、慰謝料を請求できます。また、不倫相手は、慰謝料や財産分与の請求はできません。

妻のある男性と知りながら(悪意)、または知らなくても妻があるかどうか確認もせず(過失)、関係を結んだ女性に対しては、普通の内縁のような、結婚に準じた保護は一切認められていません。

しかし、妻子のあることを知らずに、または、夫がすでに事実上の離婚状態にあったり、単に離婚だけがすんでいない場合に、自分が正式の配偶者になれると信じて内縁関係に入った場合は、裁判例でも、善意、悪意で区別する必要があると解されるようになってきています。

重婚的内縁関係は、法律上の配偶者からみれば不法行為以外のなにものでもありません。しかし、それは夫婦の問題として解決すべきであって、内縁関係そのものは、その実体に基づいて判断すべきであり、不法行為とは別の問題であるという考え方になってきています。

ano********さん

2011/12/101:16:45

内縁関係というのは、結婚の意志が双方にあり、夫婦同然の生活をしている男女関係を言います。

内縁関係については、婚姻に準じる関係として、一定の法的保護が与えられています。
夫婦の貞操義務、同居義務、協力義務、扶助義務、婚姻費用分担義務などの規定が適用されます。
内縁の妻でも内縁関係を不当に破棄した相手に対して慰謝料の請求が認められています。
財産分与についても、損害を補填するという理由で、請求が認められています。
http://www.rikon.to/contents5-4.htm

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる