ここから本文です

子供の頃、アンドロメロスの正体はゾフィーだと何かの本で見た記憶があるのですが...

jwm********さん

2011/12/1111:11:43

子供の頃、アンドロメロスの正体はゾフィーだと何かの本で見た記憶があるのですが、テレビの方ではゾフィーは登場したのでしょうか?
あと、アンドロウルフの正体はセブンだったような記憶も残

っています。
実際のところどうなのでしょうか?
それと、アンドロマルスと名前は忘れましたが女の戦士もいたような。
そちらの正体もご存知の方回答お願いいたします。
他にも何か裏話や情報等ありましたらお教えください。
よろしくお願いいたします。

閲覧数:
13,516
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ner********さん

2011/12/1112:56:12

居村眞二氏の漫画『ウルトラ超伝説』では、ピンチに陥ったゾフィーがアンドロメロスに助けられ、そのコスモテクターを装着して生き延びた、という物語が描かれています。ですから、メロスのコスモテクターを装着していたのは実はゾフィーだったというのがいわゆるオチだったのですが、メロスはメロスでちゃんとそういう戦士が別にいたわけです。これはテレビシリーズの物語には見られない展開で、上記漫画または1980年代当時に連載されていた児童雑誌の特集でのみ描かれたものです。
ちなみに、ウルフはアイスラッガーとよく似た技・スオードUを使うことから、正体はセブンではないかと思わせる模写がなされていたのですが、結局セブンではなくウルフはウルフだったという、ああそうですかとしか言えない感じのオチでした。

なお、女性戦士とはアンドロフロルのことですね。
そもそもアンドロメロスらの属するのはアンドロ族という種族で、ウルトラマンたちと故郷を異にした…まあ、ウルトラマンの亜種のようなものだと思っていただければ結構です。レオにしろ、この宇宙にはウルトラマンと外見的特徴が似通った種族が多くいるのだということです。フロルは最終的に、そのアンドロ族の王族の血を受け継いでいた存在ということが後に判明しました。

お節介かもしれませんが、先ほど取り上げた漫画『ウルトラ超伝説』は、これまでのウルトラ概念を覆した衝撃作でありまして…そこには、ウルトラの国への親善使節として西暦2502年にM78星雲へ向け発進した地球の宇宙船アース号が、200万年前のM78星雲にタイムスリップしてしまい、それが現在のウルトラマンの祖先になった、というもの凄い設定が語られているのです。機会があれば、ぜひ一読をオススメします。

質問した人からのコメント

2011/12/17 23:26:12

成功 回答ありがとうございます。
ウルトラ超伝説面白そうですね。
機会があれば読んでみたいと思います。
子供の頃の疑問が解決してスッキリしました。
ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

mee********さん

編集あり2011/12/1221:29:08

アンドロメロスは、児童誌のグラビア連載が先行なのですがそちらでは、メロスの正体はゾフィーでしたが戦いが一段落した後、コスモテクターをウルフに還してゾフィーとしての生活に戻ります。

その後、アンドロ族のブノアがゾフィーの付けていたコスモテクターを受け継ぎました。
TV版は、この2代目で見分け方は、ゾフィーから贈られた光の勲章ウルトラクロスが胸に付いています。
これは、TV版本編でもメロスが「宇宙警備隊長に貰った」と言っています。

色々思わせ振りなフリが有りましたが結局、アンドロウルフの正体は、ウルトラセブンでは無くウルフ星人でした。

アンドロ警備隊の紅一点の女戦士の名前は、アンドロフロルで、アンドロ族の王家の子孫です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる