ここから本文です

庭に植えてある山もみじがうまく紅葉しません。どうしたら色よく紅葉しますか?

kit********さん

2011/12/1122:19:46

庭に植えてある山もみじがうまく紅葉しません。どうしたら色よく紅葉しますか?

ちなみに高さ1.5mくらいで家の西側に植えられています。
植えて6年くらいです。
水や肥料はほとんどあげていません。
葉っぱは青々とつきますが紅葉せず茶色くなってすべて落ちてしまいます。

閲覧数:
16,017
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fgg********さん

2011/12/1203:10:07

基本的に植えている場所の日射が大きく影響していると考えられます。
家の西側では西日が差し込みますが、特にこの午後からの日差しは葉に大きなダメージを与えます。
できれば午前中に日が当たる東側に植え替えたいものです。

水や肥料を与えていないとのことですが、確かに肥料は与えなくても良いでしょう。
肥料の与えすぎは逆に色づきを悪化させる要因になります。
しかし、水はひどく乾燥したときにはたっぷり与えるべきです。
この水やりについてですが、夏は与える時間帯に要注意で、気温が下がり始める夕方~夜にかけて水を与えてください。
夏の昼間に水を与えると地中の根が地温の高温化によって直接ダメージを受け、またその周辺の湿度が上がることでより暑さにさらすことになります。

他に施せられる対策として木全体や植えている場所の周辺に水をかけて湿度を上げるのも良いです。
ただし、夏(近年では初秋の残暑期も含む)は日が当たる時間帯を避けて行います。
これも水やりと同様で、夕方や夜、遅くても翌日の早朝までに行い、午前中には乾くように時間を調整してください。

基本的に紅葉(ここでは黄色く色づく”黄葉”の場合を除く)は、

・朝の最低気温が7~5℃で昼間の最高気温が20~25℃となって気温差が大きくなる
・春(夏)から秋にかけて晴れる日が多く、さらに秋には空気が澄み渡って充分な日射を浴びる
・葉が乾燥しない程度の充分な湿度がある

といった条件が整うことで発色が良くなります。
日射量に関しては平野部や都市部などでも充分達成できると思いますが、湿度や気温差の条件が整わないために山間部などと比べて色づきが悪いのは当然といえます。
しかし、イロハモミジなどのヤマモミジ系の種類は比較的平野部などでも色づきを良くしやすい方なので、管理次第で色づきを楽しめると思います。(ハウチワカエデ系は暖地の平野部ではきれいに紅葉させるのは難しい)

とりあえず、できる範囲で来年は頑張ってみてください。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「もみじ 紅葉しない」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

aob********さん

2011/12/1206:05:04

里で山のような美しい紅葉を見るのは難かしいです。
寒暖の差が少ないからです。
もし見たければ、紅葉しやすい品種、
例えば、出猩々や血汐のような品種にしたらどうでしょう。
こうした品種は春の新芽もきれいです。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる