ここから本文です

ストレッチを 1日どれぐらいやって どのくらいの期間を 毎日続ければ...

mis********さん

2011/12/1221:05:11

ストレッチを
1日どれぐらいやって


どのくらいの期間を
毎日続ければ柔らかくなりますか?


閲覧数:
24,201
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

yat********さん

2011/12/1710:17:47

ストレッチというのは1日では柔らかくなりません。
3ケ月~半年以上の期間、規則的なストレッチプログラムを続けることで持続的なストレッチ効果を得ることができます。
つまり1日1回の積み重ねにより、効果が上がります。

ストレッチは4つのストレッチ方法があります。
1つはスタティックストレッチングです。
これは筋肉が伸びている状態でそのポーズを10~30秒キープする方法です。
一般的に行われている「ストレッチング」とは、このストレッチを指すことが多いです。反動をつけずに簡単な動作で行うため、安全にストレッチの効果を得ることができます。

2つは、ダイナミックストレッチングです。
これはスポーツ種目の動作でストレッチを行います。
動的柔軟性(実際のスポーツ動作で発揮できる柔軟性)を高めることができます。ストレッチする筋肉と拮抗して働く筋肉を収縮させて行います。

3つは、バリスティックストレッチングです。
反動や弾みをつけた動作を、繰り返しリズミカルに行い、強制的に筋肉を伸ばすストレッチ方法です。
サッカーのブラジル体操に代表されるように、スポーツのウォーミングアップで行われているストレッチです。
ラジオ体操などもこの要素が強い柔軟運動と言えます。
ただし、同じ動作を繰り返し行い、瞬発的な動きを要求されないランニングではあまり重視されず、レース直前などは腿上げ運動やジョギングにとどめることが多くなっています。不適切な方法で行われると、逆に筋肉本来の力が発揮されなくなったり、筋繊維を損傷させる危険性があるため、十分な注意が必要です。

4つは、PNFストレッチングです。
パートナーの徒手抵抗による筋力トレーニングとストレッチングを組み合わせた方法です。リハビリテーション医学の手技として、1940年代にアメリカの医師によって開発されました。

運動前にダイナミックストレッチングやバリスティックストレッチが適しており、運動後はスタティックストレッチングが適しています。

ストレッチするときの注意点ですが、力を入れたような歯を食いしばったようなストレッチはNGです。
リラックスして伸ばすことが大事で、強いはずみ(反動)はつけないでゆっくり伸ばすことが大事です。
あと強い痛みを感じない気持ちよく感じる程度の姿勢を保つことも大事です。
呼吸も止めないで伸ばし、まず息を吸い、吐きながら筋を伸ばすようにすることです。

僕はストレッチして力が入りすぎて顔が痛くなったりかえって肩や首とかが凝ったようになりましたがインストラクターさんによると、顔が痛くなることによって筋肉が凝るのは有り得るとおっしゃってました。
ストレッチは力は入るものですが、抜くためにやるというものだと聞いたことがあります。

効果としては筋肉の緊張をゆるめ、血の巡りを良くしたり、体の柔軟性が増すだけでなく、疲労回復にも役立ちます。

ストレッチは1日の疲労がたまった時、例えば夜寝る前にやるとか、スポーツの前後、凝りが辛いときに有効です。
暑すぎず寒すぎず最適な気温で行うことが大切らしいです。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる