ここから本文です

資格って結局なんなのさ。

kir********さん

2011/12/1701:25:30

資格って結局なんなのさ。

前質問をして、回答をいただいた中に「資格を持っていればなんとかなると思っているのはなにも考えていない学生だけ」と言われてなんとも悔しいというか、悲しいというか・・・・・とにかく少し不快な思いをしました。
前の質問では仕事について聞いて、ついでにその仕事に就きたいと思ったとしたら有利に働く資格はあるかと聞きました。


現在高校2年生です。
先生からは「取れる資格は取っておけ」と毎日のように言われます。
英検や漢検も皆頑張って2級や1級を取ろうとしています。




これって結局大学にいくときにしか資格は意味がないってことですか?
社会に出たら意味ないんですか?

閲覧数:
25,071
回答数:
9
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wmt********さん

2011/12/1708:40:43

どんな回答がついたのか、興味があって、見てきました。
なるほど・・・、あれはあれで極論ですねぇ。ただ、限られたスペースで回答するとああいう回答になるのも仕方ないところもあるかな。

私自身は、資格は意味があると思いますよ。ただ、活かし方が悪い人が多いから、先般の回答者様は、ああいう回答をされたのかな?また、業界の人で、そういうのをよく知っている人なんでしょうね。

例えば、ここのカテゴリーでもよく見かけませんか、下のような質問。

良い歳をして、資格を取れば就職がありますかねぇ?
やりたい事が分からないんです、どうしたらいいですか?
とりあえず、この資格を取ったので、何か役に立ちますか?
どんな資格を取れば、就職に有利でしょうか?
仕事がないんですけど、資格を取れば変わるでしょうか?
今後、どのようにステップアップしていけば良いのでしょうか?

俺の回答は皆、知らんがな、自分で考えろ。って話。チョット前、この手の質問に回答つけて、リクエストで反論が来て、俺も嫌な思いをしたことがあります。ちなみに、上のような質問をしてくる人は、世間では、めんどくさいだけの人です。

まぁ、この手の質問が、学生さんに、多いのは、事実です。社会人の多くは、資格や検定は、その仕事に付きたい最低の条件と捉えております。
その資格がないと出来ない業務独占資格。と、実務能力を証明する検定は、全く別物です。よく、勘違いしている人が多いのは、ここ。

あなた様の学校の先生も、俺から言わせれば、世間知らずのバカです。取れる資格は取っておけ、とか、そんな感性は、社会人にはありません。もちろん、そんな奴もいますけど、そういうのを資格マニアといい、ただのお笑いものです。

学校の先生は言いますよね。
英語が出来なきゃ、困るぞ。とか。
俺、社会に出て、一回も困ったことがないです。まして、いまや、スマホで、その場で、簡単な英語なんかは翻訳が出来る時代だよ。

斎藤一人さんの笑い話なんですけど。学校で、I am a boy.って英語の授業で習ったけど、一度も使わないうちに、おっさんになったよぉ、って話があるんです。俺なんかも、全くねぇーーー。って感じです。

社会人の感性があれば、英語を利用した仕事をしたいから、英検で能力を証明するのです。
つまり、やりたいことが先。やりたいことが先なんですよ。


もちろん業界にもよるんでしょうが、私のいる設備管理業界で、資格を持ってなくて、また、上位資格を持ってなくて、仕事が出来る奴なんて、一人も見たことがないです。(ほとんどが、業務独占資格)
逆はありますよ。資格は持ってるけど、使えない奴はね。こんなのはいくらでもいますけど。

昔、こちらの質問にも参考になるような回答した記憶があったので、その時のコピペ。暇だったら、参照してみてください。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1276403222

質問した人からのコメント

2011/12/22 21:52:39

まさかこんなに沢山回答頂けると思ってなかったのでびっくりでした。「資格」と「検定」の違いや必要性についてもっと考えてみたいと思います。ありがとうございました!!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/8件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

ber********さん

2011/12/2009:45:00

「資格を持っていればなんとかなると思っているのはなにも考えていない学生だけ」というのは極論ですが、当たっている部分もあります。資格をビジネスとする社会にとっては、学生にそう思わせないと商売が成り立たないからです。

高校の先生は、高校生の視野に対して「取れる資格は取っておけ」と助言しますが、高校生がとっつきやすい資格はほとんどが「~検定試験」と呼ばれるもので、確かにその分野の勉強で奥義をつかんでいくステップにはなりますが、「~検定〇級です」ということを積極的に打ち明けて、それで一目置いてもらえるケースはザラにないことです。

…社会に出ると、「検定」の役立て方はこういうことです。たとえば、
お金の計算が必要な場面で暗算のとてつもなく速い店員が居るとして、お客が驚いて「すごく速いですね」とか言ったときに、「実はソロバンで暗算検定〇級なもので・・・」と言えば、お客の方も「なるほど、それでですか」というふうに感心し直す、というようなことです。

仕事にはもちろん役には立っているんですね。が、その職場はもともと暗算に強い人を求めてその店員が採用されたわけでなく、職場が欲しかったのは「とにかくお金の計算を間違わない正確な計算のできる人」だったのです。その店員は、「暗算に強いうえ計算も非常に正確である」ことが強い武器になっている、というわけです。

いかがでしょうか。
(検定)資格が武器になるかどうかは職場それぞれであり、役立てるにおいても「試験に合格すればいい勉強」に徹したのでは検定の名が泣きます。検定は合格がすべての資格試験と違い、「腕試し」の意味合いが強いからです。

以上から、先生の言の「取れる資格は取っておけ」は、「勉強の成果がすぐ形に現われる検定試験が適当だから」という根拠でそう言われているのだと理解しましょう。そのうえで、「大学入試の時点で有利になる検定も多くあるから」という真意も正しいとイメージされておけばいいです。

質問者さんの「検定試験」と「資格試験」の違いのイメージは、大学を出て社会に出てからようやく区別ができるようになると思います。それまでは、「仕事(というか就職活動)に有利になるわけではないが、検定試験は勉強へのきっかけになる」イメージでいいと思います・・・

lem********さん

2011/12/1923:04:35

資格は確かにあるとプラスになることは多いんですが、「資格があるから努力しなくても何とかなる」って考えに走る人が多いんでそう言われてしまうんです。

実際のところは、資格に加えてそれを実際に使って仕事をした事が無ければ役には立たない場合が多いです。
また、取った資格とは関係ない職業を選んだ場合も、結局なんの役にも立たないことが多いでしょう

英検や漢検は社会に出たらそこまで求められることは多くない資格ですね
簿記なんかのほうがよほど役に立ちます。

大体、資格があれば就職に有利かどうかという質問が良くありません。
仕事の世界になると「その程度の資格は持っていて当たり前」なことはあっても、取れた事で「あなたすごい」と言われる資格はほんの一部です。
それらは少なくとも学生のうちに簡単に取れるような資格ではありません。

元々資格がないと働けない職業(医師、看護士、弁護士etc)以外のものは、あくまで自分磨きをした結果程度に考えておくほうが余計なショックとかは受けなくて済みます。

sha********さん

2011/12/1715:04:06

資格は取得しておいて損はありません。
でも、手当たり次第に取得しても、効率的ではないと思います。

中には「その資格一体何に役に立つの???」なんて資格もありますから・・・。

例えば、将来は「弁護士になる=司法試験に合格する」という様な明確な目的があるとなお良いとは思います。

でも、結局のところ資格を取得するということは、誰の為でもなく自分自身の為な訳ですから、先生の仰る「取れる資格はとっておけ」という言葉は、「自分自身を磨く事をしなさい」という事ではないかと察します。

月並みな言い方かもしれませんが、勉強(資格取得)は学生時代に積極的に取り組んでおくと本当にいいと思います。
私は社会人になってからいくつか資格を取得しましたが、やはり仕事をしながら学習時間を捻出するのは結構大変です。
どうしても仕事が優先になってしまいますから・・・

興味・関心を抱いた事に何でもチャレンジしてみてください。

bob********さん

2011/12/1711:53:03

資格はツール(道具)です。

どんなに立派なツールを持っていても
使うところを間違えれば何の役にも立ちません。

医者の資格を持っていれば医者にはなれるけど
弁護士や建築士にはなれないし、
運転免許がなければ車の運転もできません。

資格を持っていれば何とかなるというのは
ツールは多いほどいいということで
資格はあればいいというものではないというのは
ツールをいくら集めても、使えないツールじゃ意味がないし、
使う人の能力も必要だということで
どちらも真実だと思います。

英検や漢検は、大学入試や就職試験では
効果的なツールになります。

検定というのは、もともと能力のあるなしを示すものです。
ただ「英語ができる」と言っても、「どの程度できるのか」はわかりませんが
検定に合格していれば、それなりの英語力を有していると評価できます。

ところが、いざ仕事になると
「英検一級を持っていなければできない仕事」というものはないので、
英検一級という資格よりも、実際の英語力が重要になります。

ber********さん

2011/12/1709:57:50

危険物甲種を持っていて面接の時聞かれました。
自分は資格を高校生にしてはたくさん持っており、資格の勉強を通じて体験したことを仕事でも生かしていきたいと思いました。
それと、甲種は会社の人からも難しいとされており、「自分も難しいと思いましたが、どうすれば受かるかを冷静に考えてから行動し、実際に受かることができました。」そんな感じのことを言って自分をアピールしました。
会社に入ってから使えなくても、会社に入るときに少しでも使えたなら、とても大きな価値があると思います。
入れない人もいる時代ですから。
ただ、資格に頼るのはダメです。
あくまでちょっとしたおまけ程度です。
漢検2級持っていて履歴書に書きましたが、全くのスルーでした。
検定よりも資格ということでしょう。

と言ってもまだ現役高校3年で入社してないんですがね・・・

社会にでて意味があるかどうかは、働く場所・自分がその経験をどう活かすかで変わると思います。
自分は今まで取った資格・検定自体はゴミになると考えています。入社する会社でも使わないでしょうから。
ですが、取ったことで努力などをした経験は大きな財産だと考えています。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる