イエス・キリストは磔にされることで贖罪し、 神の怒りに触れたアダムとイブのせいで、 人類に覆っていた原罪を消滅させたとありますよね?

イエス・キリストは磔にされることで贖罪し、 神の怒りに触れたアダムとイブのせいで、 人類に覆っていた原罪を消滅させたとありますよね? そもそもイエス・キリストは「神」でしょ? 「神」なのに、なんで贖罪しなきゃいけないのですか? また、アダムとイブの不行跡のために、 「神」(=イエス・キリスト)が怒って、人類に原罪を被せたのに、 その原罪を贖うために、「神」(=イエス・キリスト)が 磔にあって贖罪したっておかしくないですか?

補足

ニケア信条で「ナザレのイエスは神さま」と裁可していますよね? ニケア信条を無視していいのですかね??

宗教850閲覧

ベストアンサー

0

神はそんな滑稽ではないし、完璧です、 イエスキリストは正確には、神ではない、贖罪のために磔になったわけではない、聖書の大半にイエスは賛成してない、まわりのでっち上げです、 神は愛でないものは創造なさらない、よって罪など存在しない、神は永遠ではないものを創造しないし、よって宇宙を創造していない、 イエスはそれを理解してました。 イエスキリストはただ殺されたのです、

その他の回答(5件)

0

神様が人間の罪の責任を取ってくださいました。 例えば、 1、王様が法律を作りましたが、国民は守れないです。 全員罪人ですから罰を受けないといけないです。 でも、王様は愛の方ですから、国民を罰することはできませんでした。 それで考えたことは、自分の息子、罪のないきよい王子を、罪ある国民の身代わりに罰を受けさせました。 そのことを認めて受け入れた国民の罪を赦しました。 国民は罪人なのに、王子が身代わりに罰を受けて死んでくれたので、国民の罪は赦されたのです。 2、Aさんが国の法律の罪を犯しました。しかし、代わりに罪のないBさんが罰を受け死んでくれました。それによってAさんは罰を受けずに済み、赦されて生きています。 この2つの例でお分かりですか。 3、「神なのに」 理由は、人間は全員罪人です。罪ある人間が罪人の代わりに罰を受けて死んでも、義人と認めないのです。神様の御心です。留美のない義なる方は神だけです。罪のない神の義なる清い血だけの贖いでないと、人間の罪は義とならないです。人間の黒い罪を白くするには、神の義なるきよい血潮、イエス・キリストだけしか贖罪できる方はいなかったのです。神のみが義ですから。神が贖罪をしました。 例えば、黒いしみを取るのに、黒を塗っても白くならないです。黒を白くするには、白い石鹸で洗わないと白くならないです。 4、神が罪をかぶせたのではなく、アダムとエバが罪を犯したのです。 5、聖書だけをお読みください。

0

人類の父なる神に対する反逆の罪は、 人間が謝罪しても許されなかった。 神の子イエスが人間として生まれ、 神人キリストとして十字架の死によって、 父に贖罪し原罪を許された。 補足 神に対する原罪を償うには、神の資格がなければならない。 イエス・キリストは人であるが神の子でもあるので 十字架による贖罪によって、父なる神は、人間の犯した罪を許したのです。

0

おかしいことに気がつくことができないように、洗脳されてしまっているので 何を言っても無駄ではないですか。 あたなたの努力には敬服しますが。

0

私はここに神の愛を感じますね。 神は旧約の時代地上に人の悪が増し、常に悪いことばかりを心に思い計っているのを御覧になって人を造ったことを後悔し心を痛められ、(創世記 6:5-6)ノア一家以外の人類を地上から一掃した。 その後民に律法を与え、その都度背く者を処罰した。それでも人は際限なく罪を重ねた。 神は人を愛しておられるが、人間が罪を重ねる性質が変わらない。 だから全人類を滅ぼす「代りに」唯一罪のないイエスを十字架にかけた。 罪人を処刑するのでは、全員処刑しなければならないから。 全員に罪があるのなら、救いの基準は 『罪深い人間が考える善悪』でなく、 私たちの為に十字架にかかったイエス・キリストを信じるかどうか…。 神はその独り子をお与えになったほどに世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで永遠の命を得るためである。神が御子を世に遣わされたのは世を裁くためではなく、御子によって世が救われるためである。御子を信じる者は裁かれない。信じない者は既に裁かれている。神の独り子の名を信じていないからである。 (ヨハネによる福音書 3:16-18)

0

イエス・キリストは神ではなく、神の使いと認識しています。神が世の中に姿を現すなんて聞いたことありません。