ここから本文です

経済学についてですが、独占市場においてなぜ企業の生産量は社会的に効率的な生産...

gal********さん

2011/12/2301:10:29

経済学についてですが、独占市場においてなぜ企業の生産量は社会的に効率的な生産量を必ず下回るのでしょうか?そもそもなぜ需要曲線と限界費用曲線の交点が社会的効率的生産量になるのでしょう?

閲覧数:
1,059
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

ric********さん

2011/12/2412:49:49

ご質問から察するに、
どうも企業(生産者)の理論が分かっていないのに、
独占(自然独占)理論を学習しようとしているご様子ですね。
無理ですよ。

>そもそもなぜ需要曲線と限界費用曲線の交点が
>社会的効率的生産量になるのでしょう?

という質問が出てしまう、ということであれば、
独占以前に「社会的に効率的な生産量」とは
なにかが分かっていない、ということですから。
失礼かもしれませんけど、
おそらく、完全競争市場では
個別供給曲線は、
個別限界費用曲線の平均費用を上回る部分だ、
ということも理解できていないのではないですか。それでは
独占理論を学習するのは早すぎます。

手順としては、
まず、教科書の企業(生産者)の理論に立ち戻り、
完全競争市場では
個別企業にとって
限界収入=市場価格
になる、ということ、および

供給曲線=限界費用曲線の平均費用を上回る部分

ということをしっかり理解して、

ついで
余剰分析(あるいは一般均衡分析?)で
完全競争条件下で均衡点として決まる
価格・生産(消費)量が、社会的に効率的生産量なのだ
という考え方を理解し、

その後に、
限界費用逓減下(規模の経済が働いている領域)では
独占がなぜ発生せざるを得ないか、

独占企業の場合、なぜ
限界収入=市場価格
にならないのか、

なぜ、社会的に効率的な生産量を下回る生産量しか
実現できないのか、

そして最後に
企業の意思決定に任せて最適な生産量が
実現できないのであれば、どのような規制により
最適の生産量または「次善」の生産量を
決定できるのか、

を、学習する、という手順になります。

ともかく、生産者の理論を復習してください。
それが分かっていなければ
独占理論は絶対わかりません。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

nob********さん

2011/12/2305:52:31

経済理論と、企業の論理の食い違いです。モノポリーでは、市場を自由に操作できる強みがあります。時には、理論に反する行動を行い、固有の自我を発揮させるものなのです。たとえ経済的なコストに合致しなくてでもです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる