ここから本文です

開業資金借入と返済の勘定科目とその他

yun********さん

2012/1/118:15:26

開業資金借入と返済の勘定科目とその他

①開業費用400万を知人に借入をし、毎月返済(利子有)をする形となりました。この場合の帳簿の勘定科目の作り方を教えて下さい。

(開業費の内訳)
250万 設備費(店舗内装)
100万 店舗初期費用
50万 事務費用
(毎月の返済)
8万※年利4%

※利子分は別で記入するのでしょうか?

②また、年度途中の開業になります。開業前に、会社員でしたが、この場合、経費?が400万が一気にかかってくる?ということは確定申告した場合、所得税が戻ってくるのでしょうか?(開業前の収入400万程度)

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
1,998
回答数:
2
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hap********さん

2012/1/120:58:23

>設備費(店舗内装)
耐用年数でそれぞれ減価償却費として
何年もかけて経費になる。

>100万 店舗初期費用
詳細が不明。 商品仕入?備品?敷金?家賃?

>50万 事務費用
これも不明。
コピー用紙?文房具代?プリンター購入?

>8万※年利4%
毎月、利息も含めて8万?
ではなく、元金8万に+支払い利息=合計

なら
長期借入金 80000円:現金80000円
支払利息 ○○ 円 :現金 ○○円

なので内装費250万の内、15年償却と考えても今年分の経費は
償却方法は種類あるけれど、20万にも満たない。
あと
100万 店舗初期費用
50万 事務費用
の内容がわからないと費用なのか資産なのか何とも言えない。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

gol********さん

2012/1/121:31:15

使用用途で利率が変わるわけではないので、借りた元金で計算をすればよいと思います。この場合返済なので利子は取りません。

所得税は前年の収入に応じて変わるものなので、いくら借りたとか貸したとかではなく純粋に「いくらの収入を得たか」ということなので、
その調整を確定申告ですれば問題はないです。
年末調整は今年のものではなく、一年前のものですので、
戻ってくるとすれば、一年前の申告に修正の必要がある場合だけです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる