ここから本文です

mp3の音質の劣化って何ですか?

あいうえおさん

2012/1/311:26:39

mp3の音質の劣化って何ですか?

補足graiphus1さんへ
ということは再生するごとに音が悪くなったりすることはないですよね
無知ですみません

閲覧数:
4,803
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gra********さん

編集あり2012/1/312:26:35

MP3は非可逆圧縮といって、聞えにくい音の情報を削ることで音声データを小さくしています。なので、MP3に変換したは元の音より劣化しています。
ただ、圧縮率によって削られる情報量が違うこと、元の音声によって変化の度合が違うこと、人によって聞え方が違うので、変化の度合の感じ方は人それぞれです。

補足:
mp3データを作るときに音は劣化しますが、その状態のデータのまま変わることはないので、
再生するごとに劣化する、ということはありませんよ。
普段、音楽プレーヤーで聞く場合は、mp3などで保存しておけば、沢山の曲数を入れることができますが、
パソコンなどに保存しておくのであれば、圧縮率を低くしたり、あるいはmp3以外のロスレス(可逆圧縮=圧縮率は低いが劣化しない圧縮方式)方式で保存しておくことをおすすめします。

質問した人からのコメント

2012/1/3 20:42:16

成功 よくわかりました!!
ありがとうございます

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

iBook-2001さん

2012/1/311:54:56

はじめまして♪

mp3やACCなどは圧縮率を高くするために、聞こえにくいだろうと言う部分を切り捨ててしまいます。
圧縮率(ビットレート)にもよりますが、高音質とされる低めの圧縮でも高度な再生機器でオリジナルと比較しますと、音の厚み、奥行き感、つややかさ、など、多くの面で単調化したように聞こえてしまう物です。
ただし、高度に比較しなければ解りにくいので、多くの人はこれでも十分満足しています。
圧縮率を高く(小さい数値のビットレート)にすれば、高音も低音も制限されて来る為、ラジオの音、電話の音のようにすぐにワカル程に変化する物です。

さらに、かなり高度で微妙な部分ですが、圧縮に使うソフトによって、同じ圧縮率でも音質影響に違いが出て来ます。
一般に iTunes でmp3化すると音が良く無いと言われます。
実際に検証してみると、高域カットする周波数が他のソフトより低めの周波数から切り捨てているのが確認出来ます。ただ、考えかた次第ですが、同じ圧縮率なのですから、高域を切り捨てた分、最も人間が感度よく聞こえる中音域のデータは切り捨てられずに残っている可能性は出て来ますね。
iTunesを活用するなら、mp3よりはAACが良いとか、いろんな意見も有るのですが、圧縮率は良く無いけれど、切り捨てを行わず、オリジナルに復元可能なAppleロスレスでしょう。

もっとも、自分で聴いてみて、気付かないのでしたら無意味ですし、将来高度な再生を目指すなら、今はワカラナイけれど、上位方式で、と言うのも良いでしょう。

一度切り捨てた物は戻せませんからね。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる