ここから本文です

結婚式や祝い事の時に”三々九度”の意味を教えて下さい。

tos********さん

2012/1/810:38:54

結婚式や祝い事の時に”三々九度”の意味を教えて下さい。

うん年前の結婚式に取り行いましたが・・意味も解らず、今日に至ります、お恥ずかしながら
今更改めて知りたい所存です。中の御神酒は美味しかったですね。

閲覧数:
469
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

han********さん

2012/1/811:05:21

三々九度の杯
お神酒を一つの器で共飲することにより一生苦労を共にするという誓いを意味しています。

古代の婚礼には、嫁になる人が婿になる人に対して、盃を捧げるということが重要な儀式の中心になっていたようです。
三々九度の起源とも言われている応神天皇の物語があります。

応神天皇が山城の国であった美女に、その名を尋ね彼女は矢河枝比売と答えたため、(名前を答えるというのは求婚に応じる意)天皇が翌日その家へ行ってみると、彼女の父は娘に天皇に仕えるように諭し、彼女はご馳走を用意し天皇に御盃を捧げ、天皇は歌を歌われたという話です。

つまり、これが後の三々九度の杯のはじまりと言われています。

質問した人からのコメント

2012/1/8 16:59:56

そうゆう訳でしたか、改めて、その意義を知り神妙な感じですね、
koko1225252さん も奥ゆかしき回答有難うございます。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kok********さん

2012/1/810:59:30

神前結婚式では、「御神酒(おみき)」と呼ばれる日本酒で新郎新婦が契りの盃を交わす(さんこん)の儀 親族が一緒に盃を交わす(親族盃の儀)があります。
古くより日本人は神様にお供えした(御神酒)に人と人を結びつける力があると信じてきました。
新郎新婦だけでなく、両家も同じ酒を酌み交わすことで
両家が固く結ばれることを願ってきたそうです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる