ここから本文です

歯間ブラシとデンタルフロス(糸ようじ)について、質問します。

har********さん

2012/1/1110:26:37

歯間ブラシとデンタルフロス(糸ようじ)について、質問します。

半年ほど前に、今まで通っていた歯医者から、別の歯医者に変えました。前の歯医者では、歯間ブラシは、1~2回、歯の間に通すだけで、あまりゴシゴシやらないように、デンタルフロスの方がいいよ、と言われていました。

今通っている歯医者では、「歯間ブラシをすると、血が出て痛い。」と言ったら、血が出るのは、歯茎が腫れているから、歯間ブラシでゴシゴシやって、腫れを引かせれば、出血も止まるといわれ、歯間ブラシをするように、と言われます。

デンタルフロスと歯間ブラシ、歯茎にはどちらがいいのでしょうか?

閲覧数:
9,941
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kir********さん

2012/1/1113:35:59

歯科衛生士です。
これは私達の分野ですね。

どちらにしてもゴシゴシというやり方はやめてください。

歯間ブラシが入る箇所は歯間ブラシ。

歯間ブラシが入らない箇所にフロスと考えて下さい。

歯間ブラシも歯間の広さよりも小さいサイズをお使いください。
細めのサイズの方が色んな動きができ四隅まで汚れがとれるためです。

今まで歯間ブラシなど通した事がない箇所に通すと最初は出血しやすいです。プラークなどで多少なりとも炎症があれば少しの刺激でも出血するからです。悪い出血が出ていると思っていただいて出血しても気になさらなくてOKです。でもあくまでも鏡をみながらやさしく。毎日1回程度通していくと歯茎が引き締まり出血もなくなります。出血とともに口臭の原因となる匂いもなくなってくるはずです。

質問した人からのコメント

2012/1/12 14:56:31

降参 どちらの方も、大変、親切、丁寧な説明で、大変参考になりました。有り難うございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

cho********さん

2012/1/1200:51:48

上手に使用できれば私はフロスをお勧めします。

フロスを上手に使用すれば、歯間ブラシでは清掃できない歯と歯の間(コンタクト)や、浅い歯茎の下の歯垢も除去する事ができます。
フロスを通す時は、歯茎を傷つけないためにゆっくりと歯の間を通しましょう。
そして、歯にフロスをしっかり添わせて操作する事が大切です。

ブリッジ治療などで上からフロスを通す事のできない部分には、スーパーフロスというものもありますが、使用方法が難しいので歯間ラシを使用すると良いと思います。

歯間ブラシにしろ、デンタルフロスにしろ、使用方法を誤ると逆に歯茎を傷つけてしまう事もあるので、
分からない事があったらそのまま使用するのではなく、掛かり付けの歯科医院で使い方をしっかりと確認して下さい。
歯間ブラシも悪い訳ではないです、どちらにしても続ける事が大切です(^-^)
歯科衛生士でした☆

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる