ここから本文です

FP3級の試験に 【借地権を設定して土地を長期間貸し付ける場合、その借地権設...

nokonoko_midoriさん

2006/4/1603:58:57

FP3級の試験に
【借地権を設定して土地を長期間貸し付ける場合、その借地権設定の対価として土地の時価の20%相当額の権利金を受け取ると、当該権利金は譲渡所得となる】
という問題で、この文は間違いなのですが(20じゃなくて50が正しい)
文の意味自体がよくわかりません。
「借地権設定の対価」や「権利金」というのが何を言っているのかよくわからず混乱しています。
解かりやすく説明していただけませんでしょうか?

閲覧数:
508
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2006/4/2123:44:10

①「借地権設定の対価として土地の時価の20%相当額の権利金を受け取る」
について説明すると,
土地を借りる契約をして土地の利用権限を与えてもらう際,
月々の賃料以外に,「土地の利用権限を与えてもらったこと自体のいわば代金」として
「権利金」という名目のお金を払ってもらうということです。

②「当該権利金は譲渡所得となる」
の意味は,
借地権を設定して権利金を受け取る場合,
土地そのものを譲渡して代金を得たわけではないのですが,
利用権限を他人に与える代りに「権利金」というお金を得たという意味では,
土地の価値の一部を譲渡して代金を得たようなものなので,
「権利金」は譲渡所得として扱われるということです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。