ここから本文です

就業規則で決められた日よりも早く退職したいです。

m12********さん

2012/1/1919:54:20

就業規則で決められた日よりも早く退職したいです。

金融機関に勤務して5年目です。
初めての転職活動中です。


今度、第1志望の最終面接(官公庁)があります。
合格すれば、24年4月1日付での採用です。
その場合、現職は3月いっぱいで辞めたいです。


ところが、現職の就業規則には
「退職意思は希望日の2ヶ月前には申し出ること」
と記載されており、
更に第1志望の最終結果は、2月に入らないとわかりません。


よって、就業規則を守ろうとすると、1月31日までには
退職を申し出なければなりませんが、
そうなると、今のところ他に内定がありませんので、
転職先を決めないまま退職してしまうことになります。


このご時世、それは避けたいので、内定を頂いてからの退職交渉にしたいのです。


ここで質問なのですが、
民法に2週間前でも辞められる規定があるので、それを優先する
という話はよく耳にします。
でも実際問題どうなのでしょうか。
やはり服務規定違反ということで、何らかの支障は出ますよね。
そのあたりの話をお聞きしたいです。
特に、「私は就業規則の日程より早く辞めた」という経験者の方がいらっしゃれば、お伺いしたいです。


よろしくお願いします。

閲覧数:
11,851
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hmm********さん

編集あり2012/1/2009:45:43

私の場合は、主人の転勤で1ヶ月前に退職の申し出を
して辞めた事があります。
その時の会社の就業規則では、質問者さんと同じ
「退職意思は希望日の2ヶ月前には申し出ること」になっていましたが
直属の上司に事情をお話しして、支店長に了解を頂き
円満退社をしています。

本来、退職する場合、何日前までに申出をしなければならないと
いう規定は、労働基準法にはありませんので、民法に従うことになります。
民法627条では、解約の申入れの日から2週間を経過することによって
終了するとありますので、それで問題はないのです。

ですが、「就業規則で退職する○ヶ月前に退職願を提出」としている
企業が多いのが現状です。
その場合、そのような規定や契約は無効であるとし、民法627条が優先し
退職の効力が発生するとしています。

ですので、2ヵ月前に退職の申し出をしなければ退職できないことは
ありませんので、次の勤務先が決まり次第、会社とお話し合いになることを
おすすめします。

その場合は、いきなり退職届を出すのではなく、直属の上司にお時間を
とってもらい、退職を申し出て規定より早く退職したいことを
ご相談なさってください。
当然、引き継ぎや後任の事もあり、引き留められることもあるかと思いますが
退職の意思が固いことをきちんとお話して、3月末付で退職する旨の
「退職届」を書面で提出して下さい。

尚、退職届は、会社指定の書類で出す場合もありますので
そちらも合わせて確認なさって下さい。

私もそうだったのですが、急に退職する事になれば
会社に迷惑をかけることになるのは事実ですので、誠意を持って
会社にお話しになる事をおすすめします。

できるだけ円満退職なさって下さいね。

質問した人からのコメント

2012/1/21 22:26:54

感謝 ベストアンサーは経験談を書いて下さったhmmsuraraさんに。ありがとうございます!

Yahoo!しごと検索で探してみよう

金融機関 の求人情報(47,843件)

内部監査アドバイザリー【大手金融機関向け】※ポテンシャル
  • PwCあらた有限責任監査法人
  • 正社員
  • 年収400万円〜800万円
  • 東京都千代田区大手町
マイナビ転職エージェントサーチ
■金融リスクコンサルタント《残業平均時間/月》
  • プロティビティLLC
  • 正社員
  • 年収500万円〜1,000万円
  • 東京都
Daijob.com
金融機関向け営業(ホールセラー)
  • 金融窓販専業の生命保険会社
  • 正社員
  • 年収600万円〜1,000万円
  • 福岡県福岡市・その他の勤務地(9)
日経キャリアNET
<40代歓迎><時給1700円>福利厚生に関する事務のお仕事
  • セガサミーグループ J-NEXT
  • 派遣
  • 時給1,700円〜
  • 東京都港区芝浦
求人アスコム
コンサルティング営業【初任地予定:東京本社】
  • 株式会社FPG
  • 正社員
  • 年収500万円〜700万円
  • 東京都千代田区丸の内
パソナキャリア
金融機関に対するデータ分析・統計解析を基にしたアドバイ...
  • 有限責任 あずさ監査法人
  • 正社員
  • 年収900万円〜
  • 東京都千代田区大手町
doda
プロジェクトマネージャー、リーダー(自社製品開発)/プ...
  • 株式会社グローバル・リサーチ
  • 正社員
  • 年収600万円〜1,000万円
  • 東京都
イーキャリアFA
システムエンジニア 【東京】プロジェクトマネージャー/シ...
  • 新日鉄住金ソリューションズ株式会社(NSSOL)
  • 正社員
  • 年収500万円〜1,000万円
  • 東京都中央区新川
MEITEC NEXT
銀行・証券・生損保事務 ≪長期・安定就業で安心スタート≫金...
  • パーソルテンプスタッフ株式会社 松本オフィス
  • 派遣
  • 時給1,100円〜
  • 長野県松本市
ジョブリンク
富裕層向け事業承継・財産承継のコンサルタント
  • 株式会社キャピタル・アセット・プランニング
  • 正社員
  • 年収600万円〜900万円
  • 東京都港区港南
株式会社キャピタル・アセット・プランニング

もっと見る >>

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

tna********さん

2012/1/2002:41:16

民法の位置づけってのは非常に複雑怪奇でありまして。

民法627条の2週間規定はまず退職について労使間で取り決めが
無い場合は確実に有効になります。
問題は雇用契約書や就業規則に2ヶ月等もっと長い期間が
あった場合でして…。

基本的に責任ある立場に無い人間については大方2週間で問題
ない、そういう立場にある人間については就業規則が優先される
場合もある、つまりケースバイケースとなります。

よく高野メリヤスの判例を持ち出す人がいますが、役職者が半年
という退職前申し出を守らず退職したのは不当であるという判例も
あります。
日本の裁判は前例踏襲主義と最高裁判例絶対主義を前提として
判決が言い渡されるのです。
あなたのような金融機関の社員の場合、どのように解釈されるかは…
裁判官次第かな。
比較的高額な金銭を個人で扱うことができる、顧客を多数持っている
場合は会社が不正が無いか調査する期間ってのも必要だと考え
られて2ヶ月が妥当、と判決が出てもおかしいとは思いません。

と言うわけで民法627条信奉者のフリをしてあくまで下手に会社に
退職を3月末にしてほしいと交渉するしかないと思います。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる