ここから本文です

戦後日本の政治家で、最も偉大な政治家3名を挙げるとしたらどんな人でしょうか?

vgbhnjiさん

2012/1/2009:48:04

戦後日本の政治家で、最も偉大な政治家3名を挙げるとしたらどんな人でしょうか?

理由も簡単に添えていただければ嬉しいです。

質問文中の「偉大な」というのは、日本の政治を良い方向に転換したとか、日本の社会・経済を良い方向に転換させたとか、日本人の考え方を良い方向に転換させたとか、「良い意味で偉大な貢献をした政治家」、という意味でお考えください。

どうぞよろしくお願いいたします。

閲覧数:
8,902
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2012/1/2122:03:56

戦後日本は70年代くらいまでは全般的に見て成功したといってよいと思うのですが、その鍵はなにかといえば

1 戦前の帝国主義的野心を思い切りよく捨てて、日米同盟を前提とした平和主義(軽武装)のもと、
経済重視で豊かになることが出来た(60年代まで)
2 70年代、他の先進国が苦労したオイルショックなどに適格に対処できた

といったあたりです。しかし、80年代にバブル経済が発生、90年代に崩壊して以降は基本的には日本は停滞しています。
そうした考えを前提にして3人あげますと・・・


① 吉田茂…戦後日本には様々な可能性がありえたが、日米安保条約によって軽武装・経済優先路線を選び、
戦後日本の礎を築いた。

② 池田勇人…安保闘争後、いわゆる「所得倍増計画」を実行し、高度成長路線を牽引した。

③ 福田赳夫…地味な印象ですが、佐藤政権・田中政権・三木政権において、日本経済の極めて重要な時期に常に経済閣僚として
活躍しており、戦後日本の経済発展の主役といえます。とくにオイルショック後の日本経済再建に果たした功績は大きい。
首相は短期間しかやっていませんが、対中国・東南アジア外交で顕著な実績を残しています。

以上です。①②については同意される人も多いと思います。③については、首相としてだけでなく閣僚としての実績も
含めてです。

なお、しばしばランキングに上がる政治家について、私がなぜ落としたのかも説明しますと・・・

岸信介・・・3人目を福田にするか岸にするか迷いました。戦後の岸の実績といえば安保改正だけですが、
これは現在に至る日本の安全保障の基本です。しかし、やり方が強引すぎたため、大きな反発が起き、
かえって本来岸が目指していたような憲法改正などの課題について、後任者が取り組まなくなってしまいました。

田中角栄…非常に興味深い政治家ですが、首相在任時の列島改造の経済政策は大失敗ですし、
外交面でも東南アジア外交で失敗、日中国交正常化は田中角栄でしかできないようなものでもなく、
また拙速すぎるという批判もありますから、高い点はつけられません。

中曽根康弘…外交や総理としての風格などはよいのですが、経済は最悪です。バブル経済に無策で、結局
何の手も打てないまま退任し、その後破裂し日本経済は現在に至るまで低迷しています。

小泉純一郎…まだ評価するのは早いといった感じですが、外交や行革、政治スタイルなどはともかく、
経済面ではあまり高い点は付けられなそうです。

質問した人からのコメント

2012/1/23 13:18:22

皆様、ご回答有難うございました。とくにbilliars_090909009様、大変詳細な解説有難うございました。福田赳夫氏の評価にとくに興味を持ちました。これを参考に、自分なりにもう少し勉強をすすめてみたいと思います。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

blackmasks1さん

2012/1/2012:27:05

田中角栄ですかね。
日中国交正常化、日本列島改造、所得倍増、等々。
まあ、その時代を直接知ってるわけでは無いけれど。

kuontoさん

2012/1/2012:00:54

吉田茂…戦後日本の礎を築いた
岸伸介…職を賭して安保を改定した
小泉純一郎…郵政・道路公団の民営化で失業者を大量に出すことなく公務員の削減をした

2012/1/2011:45:28

田中角栄、 中曽根さん、 あとサンフランシスコ平和条約の人 佐藤さん?

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。