ここから本文です

大和朝廷の頃は、九州も輝いていたのに、その後一度も歴史の表舞台に建てなかった...

mer********さん

2012/1/2117:13:09

大和朝廷の頃は、九州も輝いていたのに、その後一度も歴史の表舞台に建てなかったのは、何故ですか?
こじきには、宮崎が沢山出てきます。
福岡の箱崎宮も、友達がいなかったら、その偉大さは分かりませんでした。

閲覧数:
150
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ama********さん

2012/1/2123:06:59

九州が一番輝いていたのは弥生時代後期あたりかもしれません。当時の文明の利器である鉄器が九州からたくさん出土していて、九州が発展していたのがわかります。

これは大陸に近いために、先進的なものがいち早く入ってきたからでしょう。また、朝鮮半島まで視野に入れた場合、九州が一つの勢力圏の中心だったとも言えます。

3世紀かあるいは4世紀になると、近畿地方が栄えてきて大和朝廷が誕生したりするわけですが、どうして近畿地方が栄えてきたのかも不思議ですなところです。弥生時代の近畿地方は九州地方に比べるとかなり遅れていたと考えられるからです。

その後、日本は近畿地方が政治の中心になり、関東地方なども栄えてきます。そうなると、九州はどうしても端っこという感じになってしまいます。

幕末になると、薩摩藩が力を持ってきて、江戸の幕府を倒したりしますが、その薩摩藩も東京を首都として、そこで薩摩藩を中心とした藩閥政治を行うようになります。
大和朝廷の場合も同じようなことだったのかもしれません。皇室の歴史書といわれる古事記や日本書紀では、神武天皇は九州からやってきたことになっています。
やはり、日本列島という視野で見ると、九州は地理的に不利だったと言えるようです。

質問した人からのコメント

2012/1/28 17:54:28

成る程、15・16世紀の戦国時代に例えられるように、地形は形勢の不利に由来するのですね。深いです。
しかし、地方から中央に進出すると、そのものが持つ独特の雰囲気や力量が消え去るかの如く、つまらなく見えて来るのは何故でしょう。

今日講演会があり。岩崎夏海氏曰く『改革・革命は地方から発信される』
これからも、九州で発信する機会を、ここぞと言う時に、発信願います。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pin********さん

2012/1/2118:14:00

質問者の方の言われる「大和朝廷の頃」の年代が良くわかりませんが、
九州倭国は、672年の「壬申の乱」後も、難波の宮を経て、694年に新益京(藤原京)に遷都し、その後710年には「平城京」に遷都し、「聖武」-「孝謙」-「淡路廃帝」-「称徳重祚」と皇統を継続させ、770年に「光仁(天智の孫)」に天皇位が代わるまで、「表舞台で燦然と輝いていましたよ」。

yuj********さん

2012/1/2117:34:19

国内の文化が成熟してきたからですよ。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる