ここから本文です

ライブでPCを使いギターの音を流す場合の差異

airdrawndagger422さん

2012/1/2623:59:03

ライブでPCを使いギターの音を流す場合の差異

①録音していたギター(クリーン)の信号をアンプに通して歪ませる
②録音していた歪ませたギター音をそのままPAに送る
(①はJCM、②もJCMの歪みを録音と、アンプは同一のものとします。)
この場合、それぞれどういった違いが出ますでしょか?


①でライブを行っているバンドさんの話を聞くと、この方が音圧がでるとのことですが…
ライブハウスではギターアンプから出力された音をマイクで録り、それをPAに送りスピーカーから出された音がお客さんの耳に届くわけで実際は中音が変わるだけで外音にはそんなに影響が無いかと思うのです。

しかしそう思う反面、①でライブを行っているバンドさんの音を聞くと確かに音圧があるように感じられます(音作りの上手さも関わってくるのでしょうが)

実際に①のような感じでやられている方や、何かお詳しい方がいたらお教えください。
お願いいたします。

閲覧数:
422
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2012/1/2718:59:23

実際にやっているわけではありませんが・・・。

音圧というのは本来はpaという単位で表されますが、現実的はかなり感覚的なものです。

①では現場でアンプの歪が加わりますが、②だとどのように録音されているか次第であるということです。最近は録音技術が上がってはいますが、録音されたものというのは生音に比較すればダイナミックレンジが押さえ込まれますので。現場でJCMを鳴らした音がそのままの状態で録音できるかどうかということです。

またでかいホールであればアンプからの直接音はあまり気にしなくても良いのですが、ライブハウス等の箱だとPAの音よりもアンプの音のほうが客席には良く届いたりします。その場合には"目の前でアンプが鳴っている"ということも要素としては有り得ます。したがって質問にある「実際は中音が変わるだけで外音にはそんなに影響が無い」というのはホール次第です。

プロがちゃんと録音したものを、ホール等のでかい場所で再生するのであれば差はあまりないかもしれませんが、ライブハウス等では目の前でアンプを鳴らしたほうが良い結果が得られるように思います。ただアンプを1台余計に使うことになりますが。

質問した人からのコメント

2012/1/29 04:05:10

通常の小規模のライブハウスで2台使う場合はある程度効果があるんですね!大変参考になりました、ありがとうございます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。